Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

うつ 重症度の点数 ~不登校 Nico 心の天気~

 

今日も良い天気ですね。

 

Nicoは、学校には行かないものの、私には元気なように見えていました。

でも、少し精神状態が悪いようです。

 

Nicoの心は、「晴れ時々曇り」かな。

 

よく考えると、

ここ4日ほど、夜寝るときに自分の部屋に行かず、

私とFreeのベットにきて、寝る邪魔をし、私にイラッとされ、すごすごと自室に戻るをしていました。

 

学校の宿題、公文の宿題と、何とかこなしているものの、

宿題をするのに要する時間は、いつもの倍以上かかっています。

 

頭が混乱しているのですね。

 

ブログを書くっていいですね。

書きながら、考え、Nicoは調子が悪いから、あの行動をしていたのねと分析。

そして、私は反省

 

いつも、いつも、

Nico、Freeのことを考え明るく見守っていけたら、ベストだと思います。

 

でも、私には難しい。

 

Nicoの調子が悪くなってくると、

私は反省し、優しく明るく見守る。

 

Nicoの調子が良いと、

私の好ましくない行動をすると、見守るどころか注意したり、口出しし、暗く重く見守る?監視。

 

Nicoの調子にかかわらず、私は同じ態度をとり続ける必要があるのです。

 

私は頑張ります。

 

頑張らずに自然に出来る人=幸せな家庭  を築ける人

なんでしょうね(o^―^o)

 

うつ 重症度の点数 心のクリニック

昨日の夕方にNicoと受診してきました。

先生はおじいちゃん先生です。

 

先生 「Nicoちゃんは、最近は調子が良さそうだね。困ってることないか?あったら、先生でもいいし、お母さんに相談するんだよ。」と優しく話されてました。

 

Nicoは調子の悪いときは、

話しかけられても顔も向けず、斜め下を見ています。

完全無視です。

 

 

通院して2年ちょっとになりますが、

ここ1年やっと視線を合わせるようになりました。

最近は、話しかけられたことに答えます。

(人として当たり前の対応がやっと出来るようになりました。)

 

先生 「元気いっぱいの時を100点とすると、今の自分は何点ぐらいかな?どう思う?」

Nico「75点。」

先生「75点か。先生もそれぐらいかなって思ったから同じやな。」

 

この流れの会話のあとに「 うつの重症度の点数一覧表」を頂きました。

75点→体温でいうと37.2度です。微熱です。

頑張れば登校できるけど、体はえらい。

無理をすると悪化する段階です。

 

先生からは、

「きっと元気にまた登校出来るから、もうしばらく家でゆっくりしとろな。大丈夫やからな。」と優しくお話をしていただき、帰宅しました。

 

この点数一覧表をみると

Nicoの一番悪かった4年生の時は、10点で体温に置き換えると40度の高熱です。

 

Nicoは五年生。

1年をかけて10点→75点まできました。

 

ここから先は、Nico自身の力を信じる私にかかっているのだと思います。

Nicoの状態が良くても悪くても、

同じように明るく、楽しくいられるよう努めます。

 

私はすぐに同じことを繰り返してしまう性格なので、

自分が一番の読者になって復習しなければいけませんね。

 

最後に、不登校に悩む保護者のかた、対応していただいている先生に読んで頂けたらと思っていますので、目に留まるようブログランキングの順位を上げれればと思っています。私個人の勝手な考えです。

ご賛同頂ける方は、最後の鳥さんたちをクリックお願いします。クリック後は、ブログ村にページが移動するだけで終了となります。

このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

 ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村