Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

Nicoの担任の先生 5年生 ~ 不登校の子どもの居場所を作る ~

こんばんは。

今日のNicoの心の天気は「曇り時々雨」でした。

 

5年生になって、久しぶりに雨です。

Nicoの様子は、「さみしい」「お腹が痛い」と一日中言い続けていました。

朝から、食欲もなく、ご飯は食べられませんでした。

なので、ご飯のかわりに、Nicoの大好きな「鬼まんじゅう」を買ってきて、何とか栄養補給です。

「やまない雨はない。」

私も、Nicoも、じっと、我慢のときですね。

 

Nicoの担任の先生 5年生 ~不登校の子どもの居場所を作る~

Nicoの担任の先生は、とっても優しい先生です。

Nicoも私も、先生が明るくて、かわいくて大好きです。

 

5年生になった当初は、失礼ながら、何でこの先生なの?と学校に対して不信感でいっぱいになってしまいました。

なんと、Nicoの先生は、新卒だったのです。

 

新卒の先生に不登校の生徒を何で任せるの?

という気持ちで私はいっぱいでした。

もう、5年生は終わったとさえ思ってしまってました。

 

でも、この考えは間違えでした。

ほんと、間違えで良かったです。

 

よく考えると、不登校の生徒の担任になる確率って?

それほど、高くはないだろうし、ベテランの先生でも経験自体は、皆浅いんです。

新卒の先生もベテランの先生も、経験値は、さほどかわらないのかもしれません。

 

新卒の先生は、

何にも知らない分、周りの先生方の意見を聞いたり、サポートも受けられる。

何より、新卒パワーがあります。

 

昨日の連絡帳には、

委員をクラスで話し合って決めたことが書かれていて、私(担任の先生)と一緒に図書委員やりませんか?どうですか?

とお手紙を書いてくれてありました。

 

4年生のとき、

Nicoは、自分が何委員になったのか、何のクラブに入っているのかが、わからなくて悲しい思いをしていました。

Nico 「私は、学校にもういないみたいだね。」

とつぶやいたりしてたんです。

 

いつ学校に行けるのかもわからない状況で、

私のほうから担任の先生に

Nicoの希望のクラブ、希望の委員を伝えたりも出来ず、

Nicoには、かわいそうな思いをさせていました。

www.nicohappylife.com

 

先生方には、学校に通えていなくても、その子の居場所を作り、居場所があることを伝えていってほしいです。

 Nicoみたいに、居場所があると思うだけで存在する意味を感じ、笑顔になれる子がいるのですから。

 

このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

 ブログランキングに参加しています。鳥さんをクリックお願いします。


にほんブログ村