Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

お友達からの手紙 ~不登校~

おはようございます。

また、今日も雨で肌寒い?寒い日ですね。

寒さから、Nicomamaは、肩がこってこって、肩こりから片頭痛がひどいです。

毎日、ゾーミッグRMという高い薬を飲むはめに・・・。

こんなに飲んだら、我が家は破産してしまいます。

 

Nicoは、水曜も木曜も学校をお休みしました。

外は、雨。

Nicoの心の天気は、『曇り』でした。

 

我が家は『明るい不登校』を目指してます。

今は、『元気のない不登校 』に近くなってますね。

www.nicohappylife.com

 

お友達からの手紙 ~不登校~

Nicoは、昨日、学校のお友達からお手紙をもらいました。

 

手紙をもらったNicoは、嬉しそうというより「なんで???」という思いが強かったみたいです。

 

手紙を開けて読むNico

内容は、「Nico様  明日の給食の台ふきの水汲み当番です。どうか学校にきてください。」

と絵を添えて面白く、ユニークに書いてありました。

絵は、Nicoが王様、手紙の差出人が家来のように描かれていて、ひれ伏しています。

 

Nicoの反応は、

「○○ちゃん、あんまり話しをしたことないんだけど、面白い子だね。」と嬉しそう。

 

手紙を開封する前は、

何が書かれているのだろう?大丈夫な内容かな?と、

私が横でドキドキしましたが、問題ない内容でほっとしました。

 

夜の7時ごろ、Nicoの様子が何だか変です。

 

Nico「明日、水汲み当番だから学校に行かなきゃ。皆に迷惑がかかる。」とパニック。

mama「あのお手紙は、そういうつもりで書いたんじゃないよ。」

 

この状態になると、何を言ってもNicoの心には届かないので、私は一言だけ言って話すのをやめました。

 

Nicoが、その後どう考えたのか、わかりませんが、

Nicoが出した答えは、「明日、学校に行かない」でした。

 

お友達からの手紙一つでこの状態です。

学校に行けないこの状態がまだまだ続くことは明白ですね。

 

※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

 ブログランキングに参加しています。

応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。


にほんブログ村