Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

アレルギーマーチ 卵アレルギーから喘息へ

こんばんは。

今日も、いい天気でしたね。

外より家の中のが寒かったですね。

 今日のNicoは、お留守番アルバイトの日でした。

心の調子は、あまりいい状態ではないようでしたが、無事にお留守番をこなし賃金をゲットしてました。

心の調子が悪くて、家で公文の宿題は出来ませんでしたが、公文には行くことが出来ました。

このまま、公文しぶりを乗り切ってほしいです。

今日は、Nico、頑張ったね(^^♪

 

  アレルギーマーチって知ってますか?

私は、こんな概念があるなんて、自分の子供が喘息になるまで知りませんでした。

 

アレルギーの素因のある人は、成長するにつれアレルギー性疾患を次から次へと発症していきます。その様子を「アレルギーマーチ(行進)」といいます。

行進って聞くと可愛いけど「アレルギーマーチ」は、ちっとも可愛くありません。

 

乳幼児期は、食物に反応したアレルギー。

大きくなるにしたがって、ダニや花粉などのアレルゲンを吸い込む機会が多くなり、反応が起こる場所も腸管から呼吸器系に移動する傾向があります。

 

・赤ちゃんの頃に多いのは、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーによる蕁麻疹

・幼稚園から小学生かけては、気管支ぜんそく。

・中学生から成人にかけて、アレルギー性鼻炎や花粉症

 

  Nicoのアレルギーマーチ

 

 Nicoは、卵アレルギーから始まり、喘息になりました。

おそらく、思春期=中学生ぐらいで花粉症になっていくでしょう。

そう思ってると何だか悲しいし、悪いほうに考えるNicoには、こわくて言えません。

 

アレルギーは、人により出かたが異なるようで、Nicoは、運よく皮膚には出ませんでした。 

Nicoは、7か月ぐらいの時、蕁麻疹が出てその時に採血をし、卵アレルギーであることがわかりました。

この時おきた蕁麻疹は、卵のせいじゃなく原因不明でした。

 

医師からは、「卵アレルギーはあるけれど、数値が低い(クラス2)ため生卵、半熟だけ避け、あとは除去せず普通に食べさせて問題ないですよ。今のところ検査では、卵以外何もアレルギーは検出されなかったけど、アレルギー体質ではあるということです。気をつける必要があります。」

 

この時は、あまり深く考えずに医師の話を聞いていましたが、おそらくアレルギーマーチのことを暗に伝えていたんですね。

確かに、初めての子供=7か月の赤ちゃんのお母さんにアレルギーマーチの内容は重たすぎます。

 

7か月でアレルギー体質とわかりましたが、Nicoは5歳まで何にもなく元気に過ごしていました。

5歳になってすぐのころ、風邪が治ったのに何故か咳だけが治らず、1か月以上も続いたことがありました。咳の様子は、ひどくはなくワザとっぽい軽い咳でした。

 

 長引く咳が少し心配になり、軽い気持ちで病院に行くと医師からは喘息だと言われました。

ほんと、ビックリしました。

 

今の喘息の病院では半年に1回採血をしています。

 

喘息と診断されたときのNico(5歳)は、

ハウスダスト クラス 5

スギ                クラス 2

ヒノキ            クラス 2

 

今のNico(10歳)

ハウスダスト  クラス 5

スギ                クラス 3

ヒノキ            クラス 2

 

5歳と10歳を比べると、若干スギの数値が高くなりました。他は変わりありません。

今のところ、Nicoは目のかゆみを訴えるだけで、花粉症の症状はみられていません。

目のかゆみは年中言っているので、花粉じゃなくハウスダストのせいじゃないかと思います。

 

次回は、喘息、花粉症の唯一の治療法「減感作療法」について書けたらなと思ってます。

 

 ※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村