Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

不登校の子にペットを飼う効果

こんばんは。

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。朝から公文に行き、昼からはおばあちゃん家にお泊りに出かけました。

今日は、我が家のペット紹介をしようと思います。

 

2匹のジャンガリアンハムスターを飼っています。

Nicoのピノちゃん(パールホワイト)、Freeのサファ太郎(サファイアブルー)です。

よろしくお願いします(⌒∇⌒)

 

 

f:id:nicohappylife:20171118203148j:plain

 ↑  Nicoの飼っているピノちゃん

 

f:id:nicohappylife:20171118203220j:plain

↑   Freeの飼っているサファ太郎 

 

Nicoは学校に行けなくなってから、ペットを飼いたいと言うようになりました。
学校に通っている頃は興味がある程度で、強く飼いたいとは言い出したことはありませんでした。

 

 最初のころ、Nicoは、ネコか犬が飼いたいと話していましたが、いろんな面を考え話し合いをした結果、ハムスターを飼うことで落ち着き、Nicoの10歳の誕生日プレゼントとして我が家にハムスター(ピノちゃん)がやってきました。

飼い始めて一年ちょっとです。

 

不登校の子にペットを飼う効果

 Nicoは、私の想像以上にペットに癒され、心配していたお世話も率先して行っています。

少し前までは、私と険悪なムードになったり、嫌なことがあったり、訳もなく泣きたくなったときは、ハムスターを手にのせ「ピノちゃん、大好きだよ。」と大声でワンワン泣いていました。

ペットは何も語らず、愛くるしい目で側にいてくれます。

すべてを受け入れてくれる存在に癒されていました。

ピノちゃんのおかげでNicoは癒され、元気になったと言っても言い過ぎではないほどです。

最近のNicoは、そこまで状態が悪くないのでピノちゃんに語り掛けたり、泣いたりはしていません。それでも大好きなのは変わりはなくお世話は続けています。

 

Freeにもハムスターを買った理由

Nicoは大事なものを人に触られるのが好きではありません。なので、意地悪をする気持ちではなく、Freeにピノちゃんを触られるのが我慢できないんです。

Nicoにとっては、ストレスになるんです。

でも、可愛い動物が目の前にいるのに触らせてもらえないFreeも納得がいかない。

それは、納得いかなくて当然だと思います。

 

そこで、Freeにもハムスターを買ってあげることになりました。

NicoにもFreeにも納得してもらうには、もう一匹飼うしかなかったのです。

 

Nico「私は誕生日プレゼントに買ってもらったのにFreeはずるいじゃない。」

Nicomama「Freeはすぐに飽きてお世話をしなくなるから、結局はNicoのものになるよ。ママ自信あるよ。Nicoのが得だと思うけどな。」

Nico「それならいいけど。」

と理由をNicoにも説明して、Nicoの買った次の日にFreeにも買いました。

 

予想は的中し、Freeは1週間とかからず飽きて2匹ともNicoのペットです。

 

Freeのハムスターへの名づけ

 

ハムスターを購入し、自宅への帰りの車の中での二人の会話

Free「サファイアブルーからとって、サファイアニャンにするよ。」

Nico 「それじゃ、もはや猫じゃん。ハムスターじゃなくなってるよ。」

Free「ははは。そっか。じゃ、サファ太郎にする。」

と一瞬で命名されました。

 

※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村