Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

決めつけるのは良くない ~小学生 不登校 ~

 こんばんは。

Nicoの心の天気は「曇り」でした。

夕方に寂し寂し病にかかっていたのが、今日は日中にも出現。

Nico自身が苦しそうです。

 

決めつけるのは良くない

物事何に対してもですが、決めつけるのは良くないと思います。

 

今日はNicoの病気?個性?についての決めつけです。私は、Nicoが学校に行けなくなった当初は学校に行けない理由探しをしていました。発達障害があるのでは?と疑ってかかり発達検査を受けさせたりと、Nicoの気持ちを置き去りにして勝手に一人でもがいていたんです。

www.nicohappylife.com

 

Nico自身をよくみないで、私自身の安心のために決めつけようとしていたんだと思います。宙ぶらりんって苦しいです。

 

Nicoがお世話になっている心のクリニックの先生は、心の病気の薬を出すのにNicoの病名をはっきり言いません。私は、なんだかずっとモヤモヤしていました。通院するようになって1年が過ぎたころ

心の先生「Nicoちゃんの心の様子をずっと観察していましたが、双極性障害という可能性もあります。でも、まだ子どもなので上手く気持ちを表現できないので大きくならないとわからないです。小児うつかもしれない。たとえ、どんな病気であろうと、Nicoちゃんの心の様子をみていくことが大事なので、決める必要もとくになく、私は個性の範疇でもあると思ってます。」

 

このお話を聞くまでの間、私はずっと先生に対し不信感いっぱいで、転院すべきか悩んだりもしていました。先生のおっしゃる通りですよね。

 

「決めつける必要はない。決めつけるのは良くない。」

 

 

 これから先、いろんなことで親が子どものことを決めつけてしまう、決めつけそうになることがあると思います。

「子ども自身が決める」

子どもでも人の人生なので、これが大事ですね。

 

私はうっかり者、忘れん坊なので気を付けないといけませんね。

 

※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村