Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

薬のみたくない~ 小学生 不登校~

おはようございます。

昨日のNicoの心の天気は「晴れのち曇り」でした。

お昼から気分が下がってきて「さみしいよ。」を何百回と言い続けていました。

薬のみたくない

Nico 「今日は薬のまない。飲みたくない。」

Nicomama 「なんで?どうしたの?」

Nico 「のみたくないだけ!!」

Nicoは、心の薬をのみたくないと言い出すことがたまにあります。

一度、言い出すと説得には絶対応じません。

むしろ、説得を試みると、こじれてずっと飲まなくなる可能性のが高くなります。

なので、昨日は心の薬を飲ませる事を諦めました、諦めざるおえないんです・・・。

 

薬をのみたくない原因

夕方に、Nicoが「さみしいよ。」と言い出した時に、すばやく夜の薬を飲ませるべきでした。

のみたくない原因は、薬だけじゃなく、すべてが嫌になるスイッチが入ったからだと思います。

一旦、嫌スイッチが入るとNicoは何にも動きません。

すべて拒否。

夕方、気分が下がった時点で、雲行きが怪しいなと思いお風呂だけは4時半と時間が早いですが入れました。

その時に薬を飲ませればよかったです。

 

人の心にタイミングを合わせるって難しい。

 

今日の夜は薬をのんでくれますように🌠

 

 

 

 

※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村