Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

Nico 学校に顔をだす ~ 小学生 不登校~

 

 こんばんは。

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

私が仕事だったので、Nicoはお留守番バイトの日でした

一人でのお留守番中、特に寂しくなったりしなかったようです。

www.nicohappylife.com

 

12月15日(金) Nico 学校に顔をだす

クリスマスが近づいてきて、Nicoは良い子になろうと頑張っています。

Nicoが考えた良い子計画は、勉強を頑張ることです。

一学期、二学期と学校の授業で行われたプリント、テストを次々と解いています。

 

Nico 「こんなにいっぱいプリントを提出したら、先生丸つけだけでも大変だね。」

Nicomama「そうだね。今日、プリント提出しに行く?そうしたら、先生、土日に時間見つけて丸付け出来るかもしれないし。」

Nico 「そうする。提出しにいく。」

と私からふっておいてなんですが、意外な反応がかえってきました。

 

Nicoは放課後に学校に行くのが好きではありません。

学校までの行き道でクラスの子に会うのが嫌なんです。

 

そこで、担任の先生には会えませんが、授業時間中の5限目に行き、養護の先生にプリントを預けてくることにしました。

 

5限目に学校へ

予定通り5限目の終わる10分前に学校に着きました。

二人で保健室に顔を出し、養護の先生にプリントの束を渡すことに成功✨

 

養護の先生 「◯◯先生、今、体育で運動場にいるから戻ってきたときに顔だけ見せたら?もう、すぐ来るよ。」

Nico 「そうする(^-^)」

 

担任の先生を待っている5分間に、別室登校しているNicoの同級生の男の子とも会うことが出来ました。

楽しそうにペーパークラフトをして遊んでいました。

元気そうでよかったです。

 

 

担任の先生 「Nicoちゃん、よう学校に来れたな。すごいやん。」

Nico 「(^ー^)」

Nicoは誉められて素直に嬉しそうでした。

自分でも学校に来れたことが嬉しかったんだと思います。

 

別室登校している友達に会って

私は、Nicoがお友達に会って、どう思ったのか気になりました。

 

お友達は、図書室で本を読んだり、工作をしたり、好きなことをして過ごしているそうです。

私は、クラスに入るわけでもないし、同級生と一緒に過ごすのも楽しくていいのでは?と思いましたが、Nicoは嫌というより、学校、友達に全く興味がないようです。

 

Nicoは家にいるほうが1人でも楽しいんですね。

 

明日は、Nicoの懇談です。

何を話そうかしら?

今の私は、Nicoを学校に戻すことをゴールと考えていない、Nicoが幸せでいられることをゴール、目標にしていることを伝えられたらなと思っています。

 

伝え方、受け取り方により、誤解がうまれそうでこわいのですが、先生にはNicoの理解者になって頂けたらと思っています。

先生とベクトルが違う方を向いていたら、良い方向になかなか進まないですしね。 

 

※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村