Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

あと一歩の勇気が出ないNico ~ 小学生 不登校~


 こんばんは。
今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。
晴れでしたが「こども百人一首」には行けませんでした。

午前中のNicoは、自分がやりたいことが出来なかったことで、少し精神的に不安定でした。
お昼からは元気になったので気分転換に海に釣りに出かけました。

 

f:id:nicohappylife:20171223213432j:plain


2時半から始めた釣りですが、気がつくと暗くなってきて足場がよく見えません。

あと一歩の勇気が出ない

何日も前から楽しみにしていた「こども百人一首」でしたが、Nicoは勇気が出ずに参加することが出来ませんでした。

今日は、朝7時にNicoは起きてきました。

Nico「どうしよう?百人一首に行きたいけどこわいよ。」
 
Nicomama「とりあえず、何も考えずに、朝ごはん食べたり、着替えたり、準備だけしてみようよ。準備しても怖かったら、欠席の連絡をするよ。大丈夫だから。」
 
Nico「でも、お休みしたら迷惑がかかるでしょ?私は楽しみにしていたし、行きたいよ。お友達とカルタ取りやりたいよ。」と泣いています。

とりあえず、準備をさせて、気分を盛り上げるために、余った時間で百人一首の練習を二人でしました。

Nico「ごめんなさい。やっぱり私行けないよ。こわいよ。」
Nicomama「風邪をひいて熱があったり、咳がひどかったら、当然おやすみするでしょ?Nicoは、心の風邪で心が熱があるんだよ。だから、お休みしようね。悪いことしていないよ。皆と同じだよ。」

 

実は、こんな優しい対応が不登校のはじめからできた訳ではありません。

私は、今までNicoを何度も追い詰めました。

ひどいことをしたと反省しています。


以前の私はというと、

「自分で参加するって決めたんでしょ?人に迷惑をかけたらいけないでしょ。」と正論でNicoを追求していました。


今思うと、子供ってもっともっと小さい頃から、何が正しいのかよくわかっているんですよね。

わかった上で、心がついていかない、出来ない、苦しんでいるんです。

 

Nicoは、百人一首のカルタとりをすごく楽しみにしていました。

させてあげたかったです。


Nicoがやりたいと思ったことがすべて出来る日がくるといいな(^-^)

 

 

※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村