Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

心の波 不登校の兄弟をもつ弟の揺れる思い ~ 小学生 不登校 ~

 

こんばんは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

Nicopapaの仕事がお休みだったので、二人でデートです。

Nicoとパパのデートですよ(^◇^)

 

デートと言ってもやることは一緒です。

貝殻拾いです。

今日もNicoは一日元気いっぱいで過ごせました。

 

 

 

心の波 不登校の姉をもつ弟の揺れる思い

 

 

Nico家には、ご存知の通り、小学5年の不登校のNicoと小学1年の弟Freeがいます。

 

Freeは、Nicoが学校に行っていないことを彼なりに理解し認めています。なので、普段、Nicoに向けて「ずるい。」「何で学校に行かないの。」と言うことはありません。

 

 

でも、そんな優しいFreeでも心がざわつく時があるのです。

 

 

 

NicoがうらやましいFree

 

 

学校から帰って来たFreeはすぐに

Free 「パパとねぇねは、今日どこに行った?」

とNicomamaに聞きました。

 

Nicomama「今は公文に言っているけど、昼間はどこに行ったかママは知らないよ。」

と内心ドキドキして答えました。

 

こういう質問をする時って、Nicoをうらやましく思っているときなんですよね。自分は学校に行っているのに、好きなことをして遊んでいる姉がいる。

どう考えてもずるいですよね。

うらやましいですよね。

 

Freeは、NicoもNicopapaも家にいなかったので、とりあえず元気に公園に遊びに行きました。

 

 

夕方、公園から帰ったFreeは、すぐにNicoに話しかけました。

 

Free 「ねぇね、パパと何をしていたの?」

 

Nico 「海に貝を拾いに行ったんだよ。行ったことのない海岸だよ。」

「ほら、見て(^^♪   もっていない貝殻があったよ。」

 

すると、Freeは取り乱した様子で

Free 「ねぇねは、ずるいよ。」

「僕は学校に行ってるのに、ずるいよ。」

と泣きながら大騒ぎです。

 

Nicopapa 「じゃ、Freeも来週の水曜日に学校をお休みして、パパと一緒に遊ぼう。」

 

Free 「僕は学校を休みたいんじゃないんだよ。ねぇねがずるいんだよ。僕が学校に行っている日は遊びに行かないでよ。」

と話して泣いていました。

 

Freeが落ち着いた後

Nicopapa 「FreeがNicoをうらやましいと思うのは当然。でも、残念ながら人と自分を比べても仕方がないんだよ。きっと、Nicoは「Freeはお友達がいっぱいいていいな」と思っているよ。Nicoは学校に行かないと自分で選んだけど、友達がいるFreeがうらやましいんだよ。Freeも自分で選んでいいんだよ。」

 

答えのない問題なのでFreeが納得したかはわかりませんが、自分の思っていることを吐き出して、泣いて、スッキリしたようで、その後は笑顔で過ごせました。 

 

 

Nicoに根回し

 

 

Nicomamaは、いつも平日にNicopapaとNicoが二人でお出かけした話をFreeにしないように根回しをしていました。

 

でも、今日のNicoは拾った貝殻をFreeに見せたかったんです。

 

 

Nicomama 「Freeが帰ってきても貝殻を拾いに行った話をしないでね。」

 

Nico 「なんでよ。Freeに何で話したらいけないの?うらやましいと思うなら、Freeも学校に行かなきゃいいじゃない!!」

と怒って言うことを聞いてくれなかったんです。

 

でも、結果的には隠さないほうがよかったのかもです。

 

Nicomamaがしていたことは、トラブルを未然に防いではいたものの、NicoにもFreeにも不完全燃焼を起こさせていた気がします。

 

 

今回のことは、Freeのたまった気持ちを吐き出すキッカケになりました。

Freeの思いを聞いていたNicoもFreeのことを考えるキッカケになりました。

 

 

 

最後に

 

不登校の子の親は過干渉のタイプが多いと聞きます。

 

Nicomamaは、思い当たる節があります。

でも、認めたくない自分もいます。

でも、Nicoに根回し、トラブル回避を選ぶ当たり、過干渉ですよね・・・。

過干渉かぁそう思われるの言われるの嫌だな・・・。 

 

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

鳥さんをクリック👇お願いします (⌒∇⌒)

 


にほんブログ村