Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

速報! Nicoが登校(始業式6年)できました(^^♪ ~小学生 不登校~

 

 おはようございます。

今日からNicoは6年生、始業式です。

 

7時45分に無事に家を出発しました。

FreeとNicoの同級生の男の子R君と一緒に登校です。

 

 

朝のNicoの様子

 

Nicoは5時に起きてきました。

夜は、不安からぐっすり眠れず、夜中に3回ほど起きたそうです。

 

Nico 「夜も何回も起きたし、なんで今朝に限って目が腫れてるの?それにニキビが出来てる!」

と起きる早々、不安からお怒りモードです。

 

このNicoの態度もNicomamaからしたら、想定内です。

 

ここでNicoのペースに巻き込まれてしまったら、登校できなくなることは学習済みなので話を真剣に聞いていて、そして聞き流します。

 

これって意外と難しいんですよね。

真剣に聞くとアドバイスしたくなるNicomamaです。

適当に聞き流したいけど、適当に聞くとNicoにばれて激怒される。

Nicomamaにとっては、なかなかレベル高いです。

 

真剣に聞き流すことに成功し、朝のNicoは落ち着きました。

でも、5時に起きているので不安な気持ちになる時間がいっぱいあります。

 

不安になる時間を短くする

 

 

登校するまでに、不安な気持ちは何回もめぐってきます。

それに、対処するためにNicoの好きな漫画の本を2冊レンタルしてありました。

 

6時になり、Nicoは

「どうしよう?学校行きたくないよ。でも、行きたいよ。どうしたらいいの?」

とイライラしながら言い始めました。

 

この質問も何回も経験済みのNicomamaは

「ママはどっちでもいいよ。Nicoが納得できる、元気でいられる方法を応援してるよ。そうだ!時間がいっぱいあるから不安でいっぱいになるのかもよ。Nicoの好きな本が2冊あるけど読む?」

 

Nico「そうする。」と言って読み始めました。

 

7時になり本を読み終わっているNicoは

「どうしよう?行けないかも?行きたいけど、行けないよぉ。」

と泣き顔です。

 

Nicomama 「朝早起きしたから、おなかすいてるんじゃない?元気のでるチョコパイ食べよっか?美味しいよ。」

とNicoの気持ちを紛らわす手段を使い無事パニックをクリア。

 

R君が家に来るのは7時45分です。

7時半前にNicoは玄関に座り込みました。

あとは、そこから立ち上がることが出来るのか?です。

 

この段階まで来たら、あとはNicoに任せるしかないので、Nicomamaは干渉しないようにR君を待ちながら家の前の掃き掃除をしていました。

 

先にR君に会えたNicomamaからこっそり

Nicomama「今、Nicoが玄関に座ってるからおはようって言ってくれる?あと、Nicoは下駄箱の場所もわからないから教えてあげてほしい。6年だし女の子と一緒に登校するとお友達にからかわれるかな?大丈夫?」

 

R君 「女の子と一緒でも大丈夫だよ。他の女子と一緒になることもあるし俺平気!」

 

R君のおかげでNicoは登校できました。

NicoもNicomamaも周りの方に助けられています。

 

 

Nicoとの登校へのやり取り

 

 

Nicomamaは、Nicoに対して言葉を選び、行動をしています。

登校、学校に関してだけで、普段は普通にしています。

 

Nicoがパニックになりそうになると、どう語りかけるのがベストか?

このタイミングでこのアイテムを使おう?

などです。

 

いつも成功すると心の中で

「1ステージクリアできた!」

と頭の中がロールプレイングゲームのようになっています。

 

小学生の時に兄とドラクエ・ファイナルファンタジーをやりすぎていたからでしょうか?

本気・真剣なのに解釈がゲームになってしまいます(ー_ー)!!

 

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ