Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

本屋大賞 「かがみの弧城」 主人公が不登校の女の子です。~小学生 不登校~

 

こんにちは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」みたいです。

 

ただ、Nicoは、やる気がでないのか宿題・公文には手付かずです。

 

そんなNico=ダラダラしている姿を見ていて、Nicomamaの心はザワザワしてしまいます。

「Nicoが元気で笑っていればいい。」と思えるようにはなれていません。

 

Nicomama自身に「はぁー」ですね。

 

 

2018年本屋大賞 「かがみの弧城」  著者 辻村 深月

 

 

この本知っていますか?

 

Nico、Nicomamaは、新聞でこの本について知り、早速、購入しました。

この本の主人公は、まさかの不登校の中1の女の子です。

 

表紙も素敵で、早くお話が読みたくなるようなワクワク、ドキドキ感があります。

Nicoは、すでに表紙を見ただけで興奮し読みたがっています。

 

Nicoは、一旦読み始めると読み終わるまで動かなくなるので、週末に読ませようかな?と考えています。

週末まで待てるのか疑問ですが・・・。

 

 

f:id:nicohappylife:20180412123623j:plain

 

 

この本は、主人公の不登校の女の子が、鏡の中の世界で同じ境遇の少年少女と交流するファンタジー風のミステリー小説だそうです。

 

Nicomamaは、まだ30ページほどしか読んでいないので、詳しくはわかりません。

ただ、その30ページの内容ですでに苦しくなっています。

 

不登校初期の女の子と母親のやりとりが我が家と重なるんです。

 

母親のため息、子供が自分の思い通りに動かないことでイライラし、子供と目線を合わせられない描写、イライラを押し殺すためにあわただしく家事をする描写

 

母親の態度、話す内容におびえたり、深読みしたりする少女の思い

 

 

物語の始まりしか読んでいませんが、Nicomamaは苦しくなり、そして考えさせられています。

上手く書かれているんですよ。

「不登校の子の親について詳しく知らないくせに!!」なんて反論はありません。

 

 

さてさて、本のさわりを読んで反省をしたNicomamaは、今からNicoと目をみて会話を楽しんでこようと思います。 

 

不登校に興味がある方も、興味がないかたも本屋大賞を受賞した本なので面白いはずです。読んでみてください。

一緒に感想を語りませんか?(^^♪

 

また、Nicoの感想も後日記事にします。

 

f:id:nicohappylife:20180412135848j:plain

 

 

 

 

暇になったNicoは、Nicomamaから奪い取って?読み始めちゃいました(>_<)

Nicoはパジャマのままで、目には遠視の訓練のアイパッチを貼っています。

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ