Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

不登校新聞の購読を始めました ~ 小学生 不登校~

こんばんは。

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

今日のNicoは、最近の中では珍しく元気でした。

日中、笑顔も少し見られました。

 

Nicomamaが美容院へ行っている間に、空き地で一人でバッタを捕まえたり、お花を摘んだりして遊んでいたそうです。

 

 

不登校新聞の購読を始めました。

 

「不登校新聞」とは

不登校の情報・交流紙。不登校を原点としながら、広く子どもに関わる問題や社会の在り方について考えたい、という市民らで創刊した。創刊前年の97年9月1日前後に発生した中学生の自殺も創刊のきっかけになった。編集方針は創刊以来「当事者視点」。

 不登校新聞より

 

 

毎月1日・15日発行

購読料 月 820円

 

 

Nico家に不登校新聞が届きました。

 

申し込みをしてから、1週間ほどで郵送で届きました。

Nicomamaも読むのを楽しみにしていましたが、読んだNicoの反応のほうが楽しみでした。

 

Nicoはどう感じるのか?

 

 

f:id:nicohappylife:20180510144241j:plain

 

Nicoには何も言わずに、中日新聞と一緒に不登校新聞を机の上に置いておきました。

 

Nicoは、毎朝、朝ご飯を食べながら、新聞を読むのが日課です。

 

今日も、朝ご飯を食べながら、新聞を読んでいました。

不登校新聞を手に取りました。

やっぱり、気になるんですね。

 

 

不登校新聞を読んだNicoの反応

 

 新聞の記事に対して、わざわざ感想を話したりはしませんでした。

 

Nico 「私、みんなと同じ中学には行けない、行きたくないな。ママが前に話をしていた寮のある中学ってどんなこと?」

「見学に行ってみたいな。」

と言い出しました。

 

まだ、Nicoは思いつきで話しているところがあるので、焦らずじっくり様子をみようと思います。

 

不登校新聞は、不登校の経験者、現在不登校の子、不登校の親が記事を書いていて、Nicoは何かしら共感して動き出したくなったのかもしれません。

 

まだ、気持ちと行動が伴わない段階なので、ゆっくり焦らずにいこうと思います。

 

それと、Nicomamaは、Nicoは心の病気があるため寮は心配なのです。

 

でも、本人の強い意思があれば送り出そうとは思います。

 

Nicoは、強い意思を持てるのか?

それは不明です(-_-)

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ