Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

Nico連絡帳をとりにいくが始まりました。~小学生 不登校 ~

 

こんばんは。

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

Nicoは、お留守番バイトの日でした。

お留守番の間に、一人で旅行(ディズニー)に必用なものを考えて、リストアップをしていたそうです。

 

Nicomamaが仕事から帰ると、旅行カバンを出して欲しいと依頼がありました。

自分で旅行の準備が出来るなんて大きくなりましたね(^-^)

 

 さてさて、

今日から始まった「Nico連絡帳をとりに行く。」の結果報告です。

 

 

Nico連絡帳をとりにいく

 

今までは、Nico家の隣に住む同級生の子に連絡帳を届け出もらっていました。

今日からは、Nicoが学校に受け取りにいくことになっていました。

 

結果は、Nicoは車の中で待機し、Nicomamaだけが保健室に取りに行きました(-_-)。

 

Nicomamaの感想は、「やっぱりね。」です。

 

Nicoは、連絡帳を取りにいく日が近づくにつれ、学校に対して拒絶感を前面に打ち出していました。

 

Nicoが自分でやると決めたことですが、不安になり、学校を嫌だと思うようになり、心が学校を受け付けなくなってしまいました。

 

Nicomamaは、こういう結果を想像していたので、 特に動揺せずにすみました。

 

期待していなくて良かったです。

 

 

これからNicomamaが出来ること

 

毎日、楽しそうに連絡帳を学校に取りに行き、養護の先生とコミュニケーションをとるです。

 

 

Nicomamaが、楽しそうに連絡帳を受け取りに行っていたら、きっと、Nicoもついていってみようかなと思うときがくると思います。

 

Nicomamaが、面倒だなと思いながら連絡帳を受け取りに行っていたら、いつまでたっても、Nicoはついては来ないでしょう。

 

人の気持ちなんてそんなものですよね。

 

Nicomamaの出来ることは、毎日ルンルン気分で連絡帳を学校にとりにいくこと。

 

保護者が毎日学校に行けるなんて凄いと思いませんか?


先生と仲良しになろうと思います。

きっと、無駄じゃないです。

 

 

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村