Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

心の先生との信頼関係がゆらぐ ~ 小学生 不登校 ~


こんばんは。

 

昨日(5日)のNicoの心の天気は「曇り」でした。

4日の石山観音公園へ行った疲れが、心にも悪い影響を与えてるようです。

Nicoは肉体の疲れが心に影響します。

 

でも、周りに負の感情をぶつけることはなかったです。

Nico一人で落ちていました。

 

1月5日 心のクリニック受診

 

 昨日は、年始ということもあり、予約診療ですが、病院は混み合っていました。診察を待っている間にも、病院の電話が次々と鳴っていました。

きっと、年末年始の間に、調子が悪くなった患者さんからの電話なんだと思います。

 

12月19日に受診した時に、先生からの以下のお話がありました。

 

心の先生 「テンションが上がったり、下がったりすると、疲れるから、本当は気分の波を抑える薬を飲ませるほうがいいんやけどな。次にNicoちゃんが診察に来た時に一緒に話し合って決める事にしよか。デパケンRってのんだことありましたか?」

この日の診察には、Nicoは行くのを拒否し、私だけの診察でした。

 

 ↓  12月19日の診察でのやり取りです。

www.nicohappylife.com

 

5日の診察にて

 

心の先生 「Nicoちゃん、困ったことないか?」

Nico 「・・・。」

 

心の先生「良いように少し上がってはきてるようだが、まだ、もう少しって感じですね。なので、この薬(トリプタノール)のまま様子をみましょう。」

Nicomama「前の診察のときに、気分の波を抑えるような薬に変えてみようか?と話されてましたが、心の状態が安定してからなんですか?」

 

なんだか、先生が少しムッとした口調で返答。

心の先生「いやいや、いろんな方法がありますよ。そうする方がいいやろ けど、Nicoちゃんは薬を嫌がる傾向があるから、試す気があるなら、飲んでみますか?」

Nico 「・・・。飲まない。」

 

昨日の先生は、忙しかったんだと思います。

このやり取りでは、Nicoは100%薬を飲みません。

Nicoは、言葉に敏感です。

 

先生自身は、気分を安定させる薬を飲んだ方がいいと思ってるけど、Nicoが薬を嫌がる傾向だからと、Nicoのせいにされた言い回しにムッとしていました。

実際、その通りなのですが・・・。

 

結局、気まずいムードを私が断ち切り、診察終了となりました。

Nicomama 「先生、家で私とNicoとで、薬について考えてきます。ご心配ありがとうございます。最近のNicoは、先生の指示通り、嫌がらずに薬を飲んでいます。薬に抵抗は少なくなってきていますよ。」

 

結局、そのままトリプタノールを2週間続けることになりました。

 

心の先生との信頼関係がゆらぐ

 

今回の診察にあたって、

私は、年末からNicoに「先生はNicoのために、薬の変更を考えてくれている話」をして準備をしておきました。

Nicoにゆっくり考える時間、受け入れる時間を与えるためです。

Nicoは、先生の言う通り薬を飲む気でいたと思います。

 

なので、昨日の診察の内容は、Nicoからしたら「???」の対応だったと思うんです。

 

いつも、心の先生は、診察の前にカルテにざっと目を通しています。

おそらく忙しすぎて、カルテに目を通す時間がなかったんだと思います。

そのせいで、Nicoと私、先生との会話にずれが出来てしまったんです。

 

後で考えると、どうやら、先生は、私とNicoが気分を安定させる違う薬を望んでいる、先生の勧める薬と違うものがいいと言い出したと勘違いして、少しむっとして話されていた気がします。

 

些細な行き違いですが、Nicoの先生に対する信頼は揺らいだと思います。

Nicoが診察でのやり取りを忘れるまで、薬の変更の話は保留にします。

こういうときは、お互いが忘れるまで触れないことかな(^-^)

 

おそらく、次回の診察は私一人かな・・・。

 

  

※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村