Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

休会している公文について ~小学生 不登校~

 

こんばんは。

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

 

Nicoは、今日もまた、おじいちゃんの家に遊びに行ったそうです。

 

おじいちゃんの家の庭にある木に登り、おじいちゃんと2人で木の上に竹を組んでロープで縛り、ツリーハウスの足場のようなものを作ったそうです。

 

Nicomamaは仕事だったので、残念ながらどんな風に作ったのか?どんなのが出来ているのかわかりません。

Nicoの話を聞いているだけで、絵本の中の話みたいでわくわくしてきます。

 

きっと、その作業はとても楽しかったに違いありませんね。

明日、お天気が良かったらNico見に行こうと思います。

 

 

 

休会している公文をどうするのか?

 

 

 NicoとFreeは、3月の公文を休会しています。

 

Nicoは、心の調子が悪かったため公文の宿題をこなしたり、教室に行くことが難しい状態でした。

そこで、Nicoの心の負担を軽くするために、公文の算数と国語をお休みしています。

本人の意思により、英語だけは頑張っています。

 

 

 

Nicoの公文

 

 

最近のNicoは、元気いっぱいです。

公文の算数・国語を再開することが出来そうな状態になってきました。

 

でも、Nicomama的にはそんなに勉強を先に先にと進め、頑張る必要もない気がしています。
英語だけにして、算数、国語はやめてもいいんじゃないか?と勝手に考えてました。

 

Nico 「そろそろ、算数を再開しよっかな?もう、出来そうだよ(^-^)」
と言い出してしまいました。

Nicomama 「やらなきゃいけない、勉強が遅れるのが心配だと思って再開するなら大丈夫だよ。先に先に進める必要はないよ。」

「公文をやりたいの?それとも、やった方がいいと思ってるの?」

 

Nico「えっ、やりたいんだよ。」

 

Nicoは、本心かはわかりませんがやりたいと言っています。

なので、4月から再開をするしかないですね・・・。

 

 

www.nicohappylife.com

 

 

Freeの公文

 

 

一方、休会といても月謝を支払って、公文を休んでいるFreeは辞めるそうです。

 

Free 「僕は、公文はもういいよ。辞めるよ。」

Nicomama「・・・。」

 

Freeは、公文をまだ習いたて、それに自分から家で勉強するタイプでもないので、Nicomama的には公文に通っていてほしかった。

でも、辞めるそうです。

 

www.nicohappylife.com

 

 

最後に

 

子供って親の思い通りにはいきませんね。

公文を辞めてほしいNicoは続けると言い、続けてほしいFreeは辞めると言います。

 

Nicomamaの気持ちは、「もう、どうにでもなれ」です。

 

  

 

ブログランキングに参加してます。

鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ