Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

Nicoは公文での勉強が人に誇れる自信になっている。~ 小学生 不登校 ~

 

f:id:nicohappylife:20180426202730j:plain

今日の夕方のFree は釣りをしていました。

こんばんは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

心配していたNicoの睡眠サイクルの乱れは、ようやく元通りに戻ったようです。

 昨日のNicoは、朝3時半に起きましたが、お昼寝をせずに過ごしました。

そして、日中は、良い睡眠がとれるように運動をしていました。

 

そのお陰かわかりませんが、21時に眠り、朝6時に起きられました。

Nicoが眠れて、ほんと良かったです(^^♪

 

 

お休みしていた公文の国語・算数を再開

 

 

 

Nicoは、公文の国語・算数を3月、4月とお休みをしていました。

 

Nico 「そろそろ、算数と国語をやりたい。」

 

Nicomama 「勉強を先に先に進める必要もないし、英語だけでもいいんじゃないの?3教科は大変でしょ?」

 

Nico 「大変でもやりたいの!ほっといてよ!ヽ(`Д´)ノ」

と怒られました。

 

まだ、心の状態も安定しているとは言えないし、英語の宿題でさえ出来ない日も多々あります・・・。

それなのに、国語・算数を再開って・・・。

無謀ですね。

 

 

公文を再開することをNicopapaに相談 

 

Nicomama 「今だって英語の宿題が出来ない日があるのに、国語・算数と増やしてどうするの?宿題が出来ない自分にイライラするに決まってるよ。」

 

Nicopapa 「Nicoは公文をしていることで、人よりも先に勉強が進んでる。それが唯一人に誇れる、自信につながってるんだよ。」

「出来なかったら、辞めたらいいだけなんだし、やりたいようにさせてあげなよ。」

 

Nicopapaと話をしていて気が付きました。

Nicomamaは、Nicoが出来ないと決めつけて、Nicoと話をしていたから、Nicoにイライラされ怒られたんですね。

 

「大変なのに頑張るんだね。また、疲れたら休めばいいね。」と応援してあげればよかったです。

 

Nicoは、5月から公文の国語・算数を再開することにしました。

 

 

4月から公文を再開したFreeの様子

 

Freeは公文が嫌になって、3月は公文をおやすみしました。

4月から再開した公文ですが、また、嫌々しています。

 

Free 「やっぱり、公文辞めようかな?」

Nicomama 「嫌々するなら、辞めたら?」

 

と何度この会話を繰り返したでしょう。

 

そして月末

 

Free 「5月も行ってみて、嫌だったときに辞めることにする。」

Nicomama「ふーん。じゃ、5月は休まずに行ってね。休むなら公文辞めてね。」

Free 「うん。そうするね。」

 

結局、Freeは悩みながらも公文を続けています。

 

Nicomamaの「Nicoに対する言葉」「Freeに対する言葉」はまったく違います。

Freeには気を遣わずに思ったことを口に出せて楽だな。

 

 

 

公文の体験学習が始まりますね。

公文に興味がある方は、ぜひ体験学習へ ♪

 

Nicomamaは公文の回し者のようですが、無関係です。

Nico=不登校の子に公文は、ほんとにおすすめですよ。

学校のように公文に行くことを渋っても、家で勉強をすすめることができます。

 

Nicoと一緒に頑張りませんか?

 

 

ブログランキングに参加してます。

鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ