Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

学校がもっと柔軟な対応を出来るといいな。~小学生 不登校~

 

おはようございます。

 

昨日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

元気いっぱいではありませんでしたが、普通に1日を過ごせていました。

 

 

学校の校医さん  歯科検診へ行ってきた

 

 

 

昨日は、午前中の11時に歯科検診へ行ってきました。

Nicoのかかりつけの歯科ではなく、学校へ検診に来てくださっている歯科医院です。

 

NicoもNicomamaも、歯科Drから、

「学校は休んだのか?」

「今日は、学校を早退したのか?」

と聞かれるのではないかとドキドキしていましたが、何も聞かれずにクリア出来ました。

 

 

不登校って悪いことをしている訳ではありません。

でも、社会のルールから外れた存在、理解されない存在です。

やっぱり、居心地悪いことが多いです。

 

 

校医さんのところに検診にいかなければならない理由って?

 

 

Nico(小6)は、不登校児です。

なので、学校で行われる検診は欠席しています。

学校から、直接病院へ検診(内科・歯科)にいくお手紙をもらってきました。

 

 

Nicoは、かかりつけの歯科で定期検診をしています。

Nicoは、喘息で月に一度病院で診察を受けています。

そのため、身体的には、検診の必要はありません。

 

Nicomamaは、検診を受けないことを選択をしようと考えました。

 

だって、Nicoは、知らない病院に行くことを嫌がる、検診の欠席理由を聞かれるのを怖がっているし、検診を受ける理由がないからです。

 

 

Nicomama は、養護の先生に上記の理由を説明して、校医さんでの検診を

受けることは難しいことを伝えました。

 

 

すると、養護の先生から思ってもいない返答がありました。

 

 

養護の先生 「他の保護者からも同じような相談があって、教育委員会に問い合わせをしました。校医さん以外での検診は認められないことと、検診に行かないことも認められないとのことでした。本当にすみません。どうしてもNicoちゃんが検診にいけないようだったら、またご相談ください。」

 と板挟みになって困ってる様子がうかがえました。

 

指定の病院を変更できないことは理解できますが、検診を受けないことも認められないのだそうです。

 

???

 

誰のための検診なんでしょうか?

 

表向きの話だと思いますが、検診を受けないことが学校として認められない。学校側が検診へと促しているのに、検診に行ってもらえなかった体裁が必要なんだと思います。

 

なんだか変ですね。

 

養護の先生を困らせるつもりもないので、Nicoに先生が困っていることを話して検診に行ってもらいました。

 

もっと、柔軟な対応って出来ないものかしら?

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ