Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

Nico 「公文を習っていなかったら、今の私はなかったかも。」 ~小学生 不登校 ~

 

こんにちは。

 

毎日、毎日、暑いですね。

そんな中、Freeは、学校の運動場で、13時から遊んでいます。

さすがに心配になり、途中何回か覗きに行きましたが、日陰で10人ぐらいでドッチボールをしたり、鬼ごっこをしていました。

 

熱中症は心配ですが、田舎の子は強いです。

 

 

 

Nico 「公文を習っていなかったら、今の私はなかったかも。」

 

今、Nicoは公文へ行っています。

3教科なので、送ってから1時間半後(17時15分)にお迎えに行きます。

 

 

その公文への送迎途中に

Nico 「公文習って本当によかった。公文を習っていなかったら、今の私はいなかったかも。」

と、しみじみと話していました。

 

 

 

Nicomamaもそう思います。

大袈裟に思われるかもしれませんが、学校へ行っていないNicoにとって、公文の世界がすべてなんです。

 

 

 

今は順調そうに見える公文も、1年半の間には良い時も悪い時もありました。

 

 

 Nicoは、1年半の中で、体調不良(精神面)のため、2回公文を休会しました。

心の調子が悪い周期には、月に半分もいけない時もありました。

でも、Nicoは調子が悪い時も腐らず、じっと耐え、よくなるのを待ちました。

 

 

 

Nicoが腐らずに耐えらえたのも、公文の先生がNicoを信じて待っていてくれたからだと思います。

 

公文じゃなくても、子どもたちみんなに「信じてくれる・待っていてくれる人がいる場所」が見つかるといいなと思います(^_-)-☆

 

 

 👇 Nicoがブログを更新しました。ぜひ、のぞいてください。

lapislazuli-hana.hatenadiary.com

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ