Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

頭痛の原因は、低血圧からくるのでは?

 

こんにちは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」です。

 

Nicoは、先週から塾に通い始めました。

今日は、13時半~17時半まで塾でお勉強です。

頑張っています。

 

 

今日もNicomamaの片頭痛についての記事を書きたいと思います。

興味のない方は、スルーをお願いします。

 

 

 

頭痛の原因は、低血圧からくるのでは?

 

Nicomamaの頻度の高い頭痛・片頭痛は、低血圧が原因なのでは?と考えて、循環器を受診してきました。

 

 

循環器の先生は、とても優しい、話を聞いてくださる医師だったため、Nicomamaの考えをすべて伝えることができました。

 

その上で先生より

「低血圧が頭痛の原因にならないこともないけど、経験上出会ったことがない。頭痛だけでなく、めまい、立ちくらみも、もっと激しくでるのではないかな?」

「私は、低血圧が原因ではない気がするよ。」

との判断でした。

 

 

Nicomamaは、片頭痛が起きた時は、片頭痛の治療薬で痛みがとれます。

Nicmamaを一番苦しめているのは、片頭痛が起きるまでの毎日の鈍痛です。

この鈍痛に、ほぼ一日中ずっと耐えていました。

 

 

その話を聞き、循環器の先生は

「そんなに鈍痛で苦しいなら、普通の痛み止めを1日3回飲んで様子をみようか?鈍痛は痛み止めで治ると思うよ。ただ、胃に負担がかかるから、様子を見ながら飲んでいこう。薬は飲まないほうがいいだろうけど、苦しいのを耐える必要はないんじゃないかな?」

 

 

先生の言葉でNicomamaは救われました。

今は、副作用、副作用と、ネットでも、病院でも、すごく言われます。

痛み止めの飲みすぎは、薬剤誘発性の頭痛を引き起こす、胃にもよくない。と言われています。

 

 

なので、Nicomamaは、痛み止めを続けて飲むことに、いつも罪悪感を感じて飲んでいたのです。

頭痛を治すために薬を飲みますが、その時にも躊躇し、薬を飲んだ後にも、また飲んでしまったと罪悪感を感じて生活をしていました。

 

先生から、「苦しい事、痛みに耐える必要はない。」と言われて、なんだかすっきりしました。

 

 

昨日のお昼から、ロキソニンとムコスタと1日3回毎食後で飲んでいます。

今日は、鈍痛は、薬が効いて起きていません。

というか、感じません。

 

 

今日のNicomamaは、すっきり、さわやかです。

しばらく、薬の力をかりて様子をみることにします。

 

 

脳神経内科の先生から「薬(マクサルト)の飲みすぎだ。」と、もっともなことを言われていました。でも、Nicomamaは、薬を飲まないと日常生活を送ることも出来ません。

なので、薬をもらいに病院へ行くたび注意をうけて苦しかったです。

脳神経内科の先生のおっしゃることは、正しいです。

でも、Nicomamaは精神的に追い詰められていました。

 

 

正論って苦しいですね。  

関係ない話につながりますが、Nicoも不登校でこの正論に苦しめられてきたんでしょうね。

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ