Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

Nicoはいろいろなことに敏感です。 不登校になるしかなかったのかな。

 

こんばんは。

 

台風の影響で、Nico家の住むあたりも雨・風がとても強くなってきました。台風の被害がないことを祈るばかりです。

 

 

 今日のNicoの心の天気は「晴れ時々曇り」でした。

まだ、勉強をする意欲は出てこないものの、笑顔で過ごしている時間がたくさんありました。

 

今日は、台風ですが、Nico、Nicomamaは、午前中にNicoが受験する私立中学の説明会に行ってきました。

 

 

私立中学の説明会・プレテスト

 

保護者は、入試についての説明を体育館で聞きました。

子どもは、その間、実際の入試の練習として、別室でプレテストを受けていました。

 

Nico 「教室のロッカーに荷物を入れさせてもらったんだけど、ロッカーが綺麗で使いやすかったよ。教室の床は、目地がなくて掃除がしやすそうだったし、ピカピカだった。トイレもビックリするぐらい綺麗だったよ。居心地よさそう。」

と家に帰ってから、興奮して話をしていました。

 

 

Nicoは、潔癖症気味です。

 

Nicomamaからみると、いろいろなことにとても細かいです。Nicoをみていると、いろんなことにストレスを感じていて、生きていくのが大変そうだな。と常々思います。

 

でも、それが、Nicoなんです。

 

Nicoは、そんな自分を変えようなんて微塵も思っていません。

いろんな人がいて、いいんだと思います。

 

 

子どものうちは環境を選びにくい。

 

 

Nicoのようにいろいろな物事に敏感だと、集団生活ではかなり困ります。 

 

今思うと、環境を変えられないから、不登校になるしかなかったのかもしれません。

 

 

学校のトイレ、保健室のベットの共有、給食の配膳など、潔癖症気味のNicoが気になることは、たくさんあったはずです。

 

 

でも、これらの環境は、大きくなるにつれて改善されていくものばかりです。

 

 

トイレも小学生ほど粗相をしなくなるし、会社のトイレが汚ないことは少ない。

 

給食も子どもたちが配膳するから、Nicoにとっては嫌なイメージ(手を綺麗に洗ったのか?)も、社内食堂なら大丈夫かもしれません。嫌ならお弁当を持参で対応もできます。

 

 

体調が悪ければ、共有のベットに寝ることもなく、自分で段取りをつけて帰れるかもしれません。

 

長い目でみれば、今、不登校でも大丈夫な気がします。

 

 

我が家は中学受験をする方向でいますが、Nicomamaは、私立中学でも公立中学でもどちらでもいいと思ってます。

 

でも、潔癖症気味なNicoにとっては、私立中学のほうが環境的に過ごしやすくて、いいのかもとは思っています。

 

不登校解消につながるかはわかりませんが、まずは、環境を整えることをしてみようと思います。

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ