Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

中学受験する学校で不登校の相談?告知をしてきました。 ~小学生 不登校~

 

こんばんは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

Nicoは、朝から中学校のイベント、午後から英検3級の二次テストでした。

どちらも落ち着いた様子で、参加していました。

 

Nico 「面接官の人がおじいちゃんで、かすれた声で聞きとりにくかったけど、聞こえたよ。たぶん、受かってるよ。」(英検)

と言っていました。

 

 

夕方から、Nicoの様子がおかしいです。

朝からのどの痛みを訴えていましたが、頭痛になり、17時には37度の熱です・・・。

普通の風邪か、まさか、インフル?

 

とりあえず、明日の朝、インフルじゃないことを祈りながら、病院へ行こうと思います。

 

 

Nicoが 中学受験する学校で不登校の相談?告知をしてきました。

 

 

子どもがイベントに参加している間に、希望する保護者を対象に個別相談会が開催されていました。

 

なので、Nicoの不登校について相談?告知をしてきました。

 

 

Nicomamaが伝えたのは、Nicoが現在不登校であるという事実です。

不登校ということが受験でマイナスになるのか?

ということはあえて聞きませんでした。

 

マイナスになると言われても変わらず受験するだろうし、マイナスにならないと言われても本当かな?と考えてしまうものです。

聞いてもNicomamaにとっては、意味がないと思えたから聞きませんでした。

 

 

運よく中学受験に合格した場合

 

 

Nicoは、運よく合格できても、毎日登校するには、やっぱり先生方のサポートが必要になってくると思います。

具体的には思いつきませんが、みんなが学校で普通に習ったことをNicoは全く知らないことが考えられます。そんな時に、不登校歴が長いことを伝えていると、困っているNicoを自然にサポートしてもらえるかもしれません。

 

Nicoが知らなくて出来ないのか、知っているけど出来ないのかでは、全く対処が違ってくると思います。

特に、体育の授業では、みんなほど体力がありません。はじめからみんなと同じレベルを求められたら、肉離れ、ぎっくり腰などを起こすと思います。

身体的に障害があるわけではありませんが、ここも配慮が必要になると思います。

 

 

不登校という事実が伝わったうえで合格出来れば、入学前に相談しやすいと考えての不登校告知です(^^♪

 

 

不登校告知をされた先生は、特に驚くことなく淡々としていました。

 

先生 「最近は不登校の子もいますよ。」

とのことでした。

その不登校の子が合格したのかは不明ですが・・・。

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ