Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

中学生になるNicoに逃げ道を作っておく ~小学生 不登校~

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

  

今日のNicoは、1日パジャマで過ごし、漫画を読んだりしていました。元気がないわけではないみたいなので、ゆっくり、まったりしたかっただけだと思います。

 

 

中学生になるNicoに逃げ道を作っておく

 

 

 最近のNicoは、小学校へ行っていたときの話をよくします。

 

今のNicoは、学校を拒絶していません。

学校へも水曜日以外は、連絡帳を保健室へ受け取りに行っています。

学校との関係性も良好なのに、Nicoの口から出る言葉は、「学校が大嫌い。」という話ばかりです。

 

Nico 「○○ちゃんは、なんで嫌なことばかり言ってきたんだろう。もう、二度と会いたくないよ。」

「学校へ行かなくなって良かったよ。もう二度と学校へは通いたくないよ。」

「学校なんて、なくなってしまえばいいのに。」

とNicoの中では学校が大嫌いになっています。

 

 

元気がなかったころのNico、学校と距離をとっていたころのNicoは「学校へ行けるようになりたい。」「元の自分に戻りたい。」「お友達とも一緒に遊びたい。」と話していました。

 

 なぜ、元気があって、学校との関係も良好の今、学校を全否定するのかな。

Nicomamaには、よくわかりません。

 

 

Nicoは、登校しなくなって3年も経ちます。

でも、今もこんな思いをしているのは、かなり学校生活が苦しいものだったのでしょうね。

 

学校、教室ってどこにも逃げ場がないです。

大人になると自由、逃げ道がたくさんあるのに、集団生活をしている子どもにはないですね。

 

中学生になるNicoには、逃げ道を用意しておこうと思います。

Nicoを追い詰めることだけは、絶対にしたくないです。

 

「Nico、中学校も行きたくなければ、行かなくて大丈夫だよ。」

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ