Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

Nico 「青春したいな。」 ~小学生 不登校~

 

こんばんは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

Nicoは、1日パジャマでゴロゴロしていました。

5日が入試のため、出かける気分にはならなかったようです。

でも、勉強する気にもならなかったようです(^^) 

 

 

Nico 「青春したいな。」

 

 

 

青春を辞書で調べると「人生の春にたとえられる若い時代。青年期。」だそうです。

 

 

今日、Nico(小6)とFree(小2)が、レゴブロックで遊びながら、会話をしていました。 

 

Nico 「私、青春したいな。」

 

Free 「青春って恋のこと?」

 

Nico 「恋も青春だけど、私は女子高だから恋は無理かな。何かに一生懸命になりたいんだよ。」

 

と話していました。

 

Freeが「恋」とか言って、Nicomamaは吹き出しそうなのを静かに盗み聞きしていました。

 

「青春」って、子どもたちにとって、不登校の子にとっては、憧れのような言葉なんでしょうね。

 

 

Nicoが適応指導教室で聞いてきた話を思い出しました。

 

Nico 「適応指導教室は居心地はいいらしいけど、青春はないんだって。」

と家に帰ってきてNicoがびっくりした顔で話していました。

 

Nico 「青春がないんだったら、学校へ行かないといけないね。」

とつぶやいていました。

 

 

青春・・・。

Nicomamaにもあったような。

恥ずかしいようなこともしたような。

ですね。

 

 ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ