Nico 心の天気 ~不登校からの再登校にチャレンジ~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジています 。

Nicomamaの母から言われたこと「Nico 負の暗示」

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」だったようです。

 

 

 Nicoは、昨日のお昼から、祖母の家にお泊りに行っていていません。

月曜日のお昼に帰ってくるそうです。


 

 

Nicomamaの母から言われたこと

 

 

Nicomamaの母 「Nicoちゃんに、小さい時に手がかかった話をしない方がいいわよ。最近、よく、結婚しない。私みたいな手がかかる子が生まれてくると困るから・・・。と話しているよ。」と言われました。

 

 

そうなんです。

最近、家でもNicoは、その会話をよくしています。

Nicomamaも少し気になっていました。


Nicoは、赤ちゃん、幼少期、今と、弟と比べるとびっくりするほど、手がかかりました。

なので、Nicoには「あなたは手がかかったんだよ。」と普通に話をしていた時がありました。

そのせいですね(-_-)



でも、ここ一年は、手がかかった話をしないように、気を付けているのに、何故そのセリフを言うのでしょう?

 

 

👇 以前、書いた記事です。

 

www.nicohappylife.com

 

 


自分で書いたブログを読み直し、また、話しかける言葉に気をつけて生活をしてみたいと思います。

 

Nicoへかけてしまった「負の暗示」を修正したいと思います。

 

Nicoの暗示 「私は結婚しない。自分のような手がかかる子が生まれると困る。」

修正→「いい人がいたら結婚したい。手がかかっても子どもはかわいい。」

 

 

子どもの発言を注意深く見てみると、いろいろなことを考えていることがわかります。子どもの危険信号を見逃さないようにしていきたいと思います。

 

 

 

  ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ