Nico 心の天気 ~不登校からの再登校にチャレンジ~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジています 。

Nico「不登校という時間が無駄だったみたいじゃない。」 ~不登校からの再登校~

 

おはようございます。

 

昨日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

 

昨日のNicoは、朝からFreeと一緒にコインゲームをしにいきました。

Nicoは、コインゲーム自体は好きですが、音に敏感なため行くのを嫌がり、留守番を選択することが多いです。

そんなNicoがコインゲームに行きたいと言い出し、出かけました。

 

コインゲームを2時間も楽しめました。

どうやら、学校へ通い始めたことで、少し音に慣れてきたみたいです。

 

 楽しそうにしていたので、よかったです。

 

 

Nico 「不登校という時間が無駄だったみたいじゃない。」

 

Nicoは、不登校の間にいろんなものを作ったり、集めたりしていました。

そんな物たちが、Nicomamaには邪魔に思え、捨てたくなってきました。

 

 

一番、捨てたいのは、牛乳パックで作った工作です。

リビングの一角に置いてありますが、かさばって邪魔だし、汚らしく思えてきました。

 

 

Nicomama 「牛乳パックで作った物たち捨ててもいい?」

 

Nico 「えっ、捨てたらだめだよ。だって、不登校という時間が無駄だったみたいじゃない。そんなの嫌だよ。だから、貝殻も石ころも捨ててはだめだよ。」

 

とNicoは真剣な顔で話していました。

 

 

そんなこと言われたら、捨てたいけど捨てられませんね。

子どもはいろいろなことを考えるのですね。

 

 

 

 

 ブログランキングに参加してます。 

  鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ