Nico 心の天気 ~不登校からの再登校にチャレンジ~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジています 。

公文の先生に釘を刺されたNico ~不登校からの再登校~

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

今日のNicoは、 やっぱり学校へ行く気分にならない、勇気がでなくて、家で過ごしていました。

再登校、なかなか上手くいきません。

 

今のことろ、明日は登校する気ではいるようなので見守りたいと思います。

 

 

 公文の先生に釘を刺されたNico

 

Nicoの中学校は、前期・後期の2学期制です。

なので、来週が中間テストになります。

 

 

Nicoは、学校をよく休んでいますが、公文だけは休まずに行っています。

今日も学校を休んでいましたが、公文教室には行くことが出来ました。

 

学校を休んだ日は、私服で14時に公文教室へ行っているので、公文の先生には学校を休んだことは、ばれてますね。でも、先生は何にも聞いてこないようで、気まずくないみたいです。

 

 

Nico 「公文の先生にくぎを刺されたよ(^^♪ Nicoちゃんは、数学、国語、英語の勉強はしなくていいから、理科と社会のテスト勉強をしなさいと言われちゃった。先生に、理科と社会が出来ない、嫌いってばれてる・・・。」

 

「中間テストが返却されたら、公文に答案用紙を持っていくんだってよ。先生、みんなの結果を楽しみにしているらしい。理科と社会を勉強しないと先生に見せられないよ。」

 

 

公文の先生のおかげで、Nicomamaが勉強しなさいと言わなくても助かってます。

Nicoは、公文の先生を信頼しているし、大好きだから、先生の言うことは絶対なんです。

 

 

Nico 「私、公文っていつまで習っていられるの?ずっと、辞めたくないな。」

と話しています。

 

 

今のNicoの再登校も公文の先生の助けがあったからだと感謝しています。

 

 人との出会いって大切ですね。

 

  ブログランキングに参加してます。 

  鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ