Nico 心の天気 ~不登校からの再登校にチャレンジ~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジています 。

甘えさせてくれる存在 ~不登校からの再登校~

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は、「晴れ」でした。

 

今日のNicoは、朝から喘息の病院へいき、そのあと、Nicomamaの実家、祖母の家にお泊りに行きました。

 

  

 甘えさせてくれる存在

 

 

Nicoは、Nicomamaの母=祖母=「ちゃーちゃん」が大好きです。

 

 

Nico 「ちゃーちゃんの家に行きたいよ。」

と毎日言っていました。

 

 

お盆で3連泊したあとなのに、もうお泊りに行きたがります。

 

 

Nico 「ちゃーちゃんが夏休みの宿題が終わったら、夏休みの最後にお泊りにおいでと言ってた。宿題出来ないから行けないよ。」

と泣いていました。

 

 

そのことをNicomamaが母に伝えると

 

ちゃーちゃん 「夏休みの宿題をもっておいでよ。ちゃーちゃんと勉強をしよう。」

と、LineがNicoに届きました。 

 

 

Nicoは、早速、今日からちゃーちゃんの家にお泊りです。

 

 

Nicoにとっての祖母は、「甘えさせえくれる存在」です。

 

 

祖母は、Nicoが欲しがるものは、くだらないものでも否定せず、大抵のものを買ってくれます。

(Nicoは高価なものはおねだりしません、大抵、美容グッズです。)

 

 

ちゃーちゃん 「今は欲しい物を買うぐらいでしかストレス発散が出来ないんだよ。」

と言っています。

 

 

Nicomamaは、Nicoにとって甘えさせてくれる存在ではありません。

そういう存在にならなければと考え、頑張るときもありますが、心からの対応ではなく演技のようになってしまいます。

自然に出来ません。

 

 

甘えさせる、受け入れるって難しい。

 

 

Nicoが家に帰ってきたら、甘えさせることは難しいかもしれませんが、Nicoの顔を良く見て話を聞くことから始めたいと思います。

 

 

  ブログランキングに参加しています。 

   鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ