Nico 心の天気 ~不登校からの再登校にチャレンジ~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジています 。

Nicomama1人で心のクリニックへ(^^♪ ~不登校からの再登校、そして不登校~

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は、「晴れ」でした。

 

今日のNicoも、適応指導教室へ元気に出かけました。

元気でなりよりです(^^♪

 

 

Nicomama1人で心のクリニックへ

 

Nicoは、小学3年生の時に不登校になりました。

夜眠れないのに、昼間も寝れなくて困ったので、心のクリニックに通い始めました。

 

 

不登校になった当初は不眠のための受診でしたが、不登校が長引くにつれ、Nicoの心は疲れ、傷つき、うつ病のようになっていきました。

 

 

Nicomama、担任の先生の登校刺激に追い詰められたのかもしれません・・・。

 

 

最近のNicoは、うつ病の治療を何年か行い良くなってきたので、かなり薬を減量していましたが、中学校に入学し頑張って登校していたこともあり、また、うつ病が発症しました。

 

今は、ジェイゾロフト25mgの半錠を飲んでいます。

飲み始めて2週間がたちました。

 

 

ジェイゾロフトの効果

 

ジェイゾロフトという「うつ病」の薬を飲み始めたその日から、Nicoは中途覚醒をするようになりました。

毎日、夜中の2時か3時に起きてきます。

睡眠不足は、お昼寝で対処しています。

 

 

薬を飲み始めて1週間目に、「暇だ。暇だ。」と言い出し、毎日、適応指導教室へ行くようになりました。

 

明らかに元気になっています。

 

 

診察にて

 

Nicoは、毎日適応指導教室へ行きたいため、Nicomama1人で病院へ行ってきました。

 

Nicoの様子を心の先生に伝えると、

 

心の先生 「副作用(吐き気など)をみるために半分から始めてたけど、半分ですごくよく効いてますね。Nicoちゃんは薬に感受性が高いみたいですね。普通は半分では、効いているかよくわからないぐらいですよ。」

 

どうやら、Nicoが中途覚醒をするのは薬が効きすぎて、元気がでて目が覚めるみたいです。Nicoの場合は、日中ちょうどいい感じに元気がでているため、ジェイゾロフトは今のままで様子をみて、漢方薬を足すことになりました。

 

 

抑肝散という漢方薬を夕食後と寝る前にのみます。

 

抑肝散(ヨクカンサン)

「肝」の高ぶりを抑える働きがある

漢方では「肝(かん)」が高ぶると、怒りやイライラが現れると考えます。「抑肝散」はこの「肝」の高ぶりを抑えることから名づけられた漢方薬です。もともと子どもの夜泣き、疳(かん)の虫に使われていた薬で、現在は大人の神経症状にも使われています。
体力は中程度で、怒りっぽい、興奮しやすい、イライラするなどの症状のある人に用いられます。具体的には、神経症、不眠症、歯ぎしり、更年期障害、血の道症(女性ホルモンの変動に伴って現れる体と心の症状)、子どもの夜泣き、かんしゃく(神経過敏)などが挙げられます。

https://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/054.html

 

 

 

漢方薬が効いてNicoが朝までぐっすり眠れるようになるといいな☆

 

 

それにしても薬って、びっくりするぐらい効くんですね。

薬を飲む前のNicoは、1日パジャマのままでゴロゴロしているだけでした。

その状態で何か月も過ごしてきました。

 

 

今では「暇は嫌。毎日、適応指導教室に行きたいよ。」

と話しています。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。 

   鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ