Nico 心の天気 ~不登校からの再登校にチャレンジ~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジています 。

Nicoの公文渋りが始まった。 ~不登校からの再登校、そして不登校~

 

こんばんは。

 

今日のNicoの心の天気は「曇り」でした。

 

最近、毎日のことですが、パジャマでゴロゴロして1日を過ごしていました。

 

 

Nicoの公文渋りが始まった。

 

11月から再開していた公文、順調に進んでいましたが、先週から公文渋りがまた始まりました。

週に2回、教室へと通わなければいけませんが、先週は1回でした。

そして、週明けの今日も公文教室へは行くことができませんでした。

 

 

Nicopapaと話し合って、Nicoがこのまま公文を負担に感じるようなら、今年いっぱいで公文は休会ではなく退会しようと決めました。

Nicoの負担だけでなく、公文渋りはNicomamaの精神的な負担にもなっています。

 

 

公文に行けるのか?何時に行くのか?行けないのか?

常に動向が気になります。

Nicomamaの心は疲弊していきます。

 

 

 

きっとNicoは公文を辞めたくないと言うでしょう。

 

Nicomamaも公文を退会させていいのか迷いはあります。

でも、今のまま公文を続けるのも無理がある気がします。

 

 

公文をやりたくなったら、また、始めればいい。

そう考えて、Nicoの様子を見守りたいと思います。 

 

 

 

 ブログランキングに参加しています。 

鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ