Nico 心の天気 ~不登校からの再登校にチャレンジ~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジています 。

Nico 「なんで適応指導教室へも行けなくなったのかな?」 ~不登校からの再登校、そして不登校~

 

こんばんは。

 

今日のNicoの心の天気は「曇り」でした。

 

今日もNicoは、1日パジャマでゴロゴロとしていました。

 

Nicoは、なんだか元気がない様子でした。

夕方になってその理由がわかりました。

Nico 「今日公文の日だね。宿題もできなかったし、行けないよ・・・。」

と半泣きで話し始めました。

1日を公文を気にして過ごしていたから、元気がなかったのですね。

やろうと思っていることができないと、自分がダメな存在に思えて苦しいですよね。

 

 

 Nico 「なんで適応指導教室へも行けなくなったのかな?」

 

Nicoは、9月、10月、11月の中旬までと、元気に楽しく通えていた適応指導教室へ行けなくなりました。

 

 

 

Nico自身、なんで行けなくなったのか?疑問に思っているようです。

 

Nicomamaは、公文が悪いわけではないけど、Nicoは適応指導教室と公文の二つをするほどにはエネルギーが足りていなかったのだと話しました。

今、Nicoが元気がないのも、寂しい、寂しいと感じるのも、エネルギーを使い果たしてしまったからだと思います。

 

エネルギーって溜めるのには時間がかかるのに、すぐになくなっちゃうんですねΣ(゚Д゚) 

今週の金曜日が心のクリニックの診察なので、先生に相談をしてみようと思います。

Nicomamaは、少しうつ病の薬を増やしてもらうといいかなと思っています。

 

 

 ブログランキングに参加しています。 

鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ