Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

不登校の子にとって、自分でお金を稼ぐことはいいことかも!?

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

今日のNicoも一日パジャマのままで、小説を書いたり読んだりして、楽しそうに過ごしていました。

もともと、Nicoは、引きこもり気味で、普段から外出自粛を勝手にしているようなものなので、コロナの影響は全く受けていません。

いいのか悪いのか、コロナ疲れ知らずで元気です。

 

 

不登校の子にとって、自分でお金を稼ぐことはいいことかも!?

 

 

Nicomamaは、子どもにお金を稼ぐことを教える、覚えさせることは、あまり良いこととは思いません。でも、不登校の子にとっては良いことなのかもと考え始めています。

 

小さいうちにお金を稼ぐことを覚えることでの弊害もあると思います。

お金が簡単に稼げると思うことで、努力をしなくなったり、進学の邪魔になったりするかもしれません。

 

なので、Nicoのように不登校になっている子にとっての話です。

 

 

Nicoは、小学3年生の夏休み前から不登校で、もうすぐで不登校歴5年です。

そんなNicoが最近将来について考え始めています。

 

Nico 「ひと月にいくらぐらい稼げばいいの?」

「家でできる仕事って何かな?」

「株ってもうかる?」

「仮想通貨ってどうかな?」

と言い出し、生きていくためにお金を稼ぐ方法を模索しているようです。

 

 

 Nicoは、中学に入学した時に3か月程度ですが、再登校を果たし、また不登校になりました。学校へ通ってみて、Nicoは自分には学校へ通うことはむいていないと実感したのかもしれません。

今は、家から出ないで生きていくことを考え始めています。

 

 

株を始めるにも、仮想通貨を始めるのにも、まず、元手となるお金がいります。

そんな話を理解したのか、Nicoは「アルファポリス」というサイトで小説を書き始めました。

自分一人で考えて、Nicomamaが知らないうちに小説を投稿していました。

 

Nico 「まだ、一日に100円程度だけど、お金を稼げるようになったよ。」

「一日、いくらぐらい稼げるようになれば仕事にできる?」

と話しています。

 

Nicoのペンネームは「神無月 遥」です

応援していただける方は、読んでいただけるとNicoが喜びます

 

☟ Nicoの小説のサイトです。 

www.alphapolis.co.jp

 

 

不登校の子は違う道を進んでいる。

 

Nicoのように不登校になっている子は、違う道を進んでいます。

学校に行かないだけでなく、これから先も違う道を進んでいくのだと思います。

 

少し前のNicomamaは、どこかでみんなと同じ道に戻ると考えていましたが、どうやら違うようです。

 

Nico本人がそのことに気が付き始め、生きていく道を模索し始めました。

 

Nicoは、とっても面白い子です。

 

 

☆Nicoの小説を読んでくださった方々、本当にありがとうございます。Nicoは頻繁にアクセス数をチェックして喜んでいます。これからも応援よろしくお願います。

 

 

 

 ブログランキングに参加しています。 

  鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ