Nico 心の天気 ~不登校からの再登校にチャレンジ~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジています 。

子どもが面白いと思う本と、親が読んでほしいと思う本は違うのですね。 ~中2完全不登校~

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は、「晴れ」でした。

 

朝起きてきた時のNicoは、定期テストの疲れで少し元気がない様子でした。

でも、夕方にはいつも通りのNicoに戻っていました。思ったよりも回復が早かったです。

 

今日のNicoは、「東京喰種トーキョーグール」の漫画を読んだり、小説を書いたりして過ごしていました。

Nicoは、どうやらダークファンタジーが好きなようです。

 

 

子どもが面白いと思う本と、親が読んでほしいと思う本は違うのですね。

 

Nicoは、中学生ぐらいになるまではNicomamaが面白い、Nicoが喜ぶかなと勝手に考えた本を読んできました。


主に、児童書です。


Nicoは、幼稚園のころから本の虫だったので、かなりの児童書を読んできたと思います。

 

Nicomamaが本を選んでいた理由は、Nicoが「どれが面白いかわからない。どれを選んでいかわからない。」といつも話していたからです。

 

でも、今思うとNicoの好みではなかったのかもしれません(-_-)

 

自分でPCをするようになったNicoは、ネットの試し読みでいろいろな本を読んでいきました。そして、自分好みのジャンルを見つけたようです。


ライトノベルというジャンルの小説です。

 

NicomamaとNicoの好みは、違ったようです。

 

 

子どもは、いつの間にか親離れをしていくのですね。

 

 

Freeが選んだ本

 

ブログで小説を読まないFreeが、一人で最後まで本を読んだ話を書きました。

 

本屋さんでNicomamaがFreeに勧めた本はこれ👇です。

 

 

  

「千と千尋の神隠し」のもとになった本で、児童向けファンタジーです。大人が読んでも面白いと思います。

 

 

実際に、Freeが自分で選んで買った本は、これ👇です。

 

 

 

失礼ながら、Nicomamaが絶対に選ばない本です(>_<)



NicoとFreeは、本を選ぶところからまったく違う子育てになっています。

どちらが正解なのかはわかりませんが、Nicoが不登校になってから変わったことの一つです。

 

 口出しを控えて見守る、子どもを主役にするよう心がけています。


 

ブログランキングに参加しています。 

 鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ