Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

心の穴を埋めることは難しい。


 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は、「晴れ?」でした。

 

今日のNicoは、昨日よりも少しだけ元気になっていました。

小説を書くことを昨日からお休みし、今日はショッピングモールへ行ってきました。

雑貨をみたり、洋服をみたりと、ウインドウショッピングをして、11時に少し早めのお昼にしました。

 

f:id:nicohappylife:20200721192346j:plain

Nicoが買ったお茶碗とお箸

 

お昼ご飯は、Nicoご希望の「gramのパンケーキ」です。

 

店内には先に1組のお客さんが入っていましたが、十分の間隔がとれると考え店内で食べました。

後から、たくさんお客さんが入ってきたら・・・と少し心配しましたが、私たちがお店を出るまで一人もお客さんが来ませんでした。

なので、ゆっくりと味わって食べることが出来ました(^^♪

 

 Nico、楽しそうにしていました。

 

 

心の穴を埋めることは難しい。

 

 

心に空いた穴を埋めることって、とっても難しいです。

 

Nicoは、調子の悪い周期に入ると、一日中 「さみしいよ。」と言います。

側にいても言います。

頭を撫でてあげていても言います。

背中をさすってあげていても言います。

何をしていても「さみしいよ。」と言います。

 

 

Nicoは、赤ちゃんのころも、今と同じように不安でいっぱいだったのかもしれません。

抱っこをしていても泣いていました。

おんぶしていても泣いていました。

何をしても泣いていました。

Nicomamaはどうしていいのかわからず、Nicoを抱っこしながら「なんで泣き止まないの?」とよく泣いていました。

 

 

Nicomamaは、Nicoの不安な気持ちを解決することはできませんが、口に出して言える環境を用意することは出来ます。

 

 

Nico、Free、Nicopapaにとって、家が居心地のいい場所になるよう努めたいと思います。

 

 

ブログランキンいグに参加しています。 

 鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ