Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

うつ病の薬に頼るのに抵抗ある人も多いと思いますが、少し楽になりますよ。

 

こんにちは。

 

Nicoの心の天気は、「晴れ」でした。

 

元気がでてきたNicoは、昨日も断捨離をしていました。

3か月だけ通った私立中学で使っていたノートや、教科書たち。

Nicoは、すべての教科書を捨てようとしていましたが、高校受験をするときに必要になると思われるものだけ、念のためこっそりと回収をしておきました。

 

Nicomama、Nicoが元気になってきて嬉しいです。

 

 

うつ病の薬に頼るのに抵抗ある人も多いと思いますが、少し楽になりますよ。

 

 

Nicoは、11日(金)から、うつ病の薬ジェイゾロフト(セルトラリン)を増量し始めました。

1錠(25mg)から1.25錠への増量です。

Nicoは薬への感受性が高いため、ほんの少しの増量になっています。

 

薬の増量をする前のNicoは、元気もなく、食欲もなく、夜も深く眠れない状態でした。

それが、増量をした2日目から元気も、食欲も回復してきました。

夜もしっかりと眠れているようです。

 

Nicopapa 「薬ってよく効くんだね。顔つきがぜんぜん違うね。」

と感心していました。

 

 

 Nicoの様子をみていると、心の元気がなくなっている人は自分の力、やる気ではどうしようもないのだなとつくづく思います。

決して怠けているわけではないのです。

 

 

精神科を受診することに抵抗がある方、家族を精神科へ連れていくことに抵抗を感じる方もいらっしゃると思いますが、NicomamaはNicoの様子をみていて連れて行ってよかったと思っています。

 

 

精神科を受診することは、恥ずかしいことではありません。

心の病気は、心が優しい人、まじめな人がかかる病気です。

元気がでない、食欲がない、眠れないなどありましたら、精神科を受診することをおすすめします。

 

Nicomamaは、自分の子が精神科を受診していることをオープンにしています。

 

 

 

 ブログランキングに参加しています。 

 鳥さんをクリックお願いします (^o^)

 


にほんブログ