Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

不登校の子のゲーム 不登校 中2

 

こんばんは。

 

 

ここ最近のNicoの心の天気は「曇り」です。

 

Nicoは、元気のない周期に入っているようで,パジャマのままで一日ゴロゴロとして過ごしています。

日中はお年寄りのように、気がつくとうたた寝をしています。

起きているのか、寝ているのか、わからない状態が多々あります。

 

それだけ元気がないのでしょうね。

 

 

Nico 「ネットニュースで冬季うつについての記事を読んだよ。私も冬季で気分が落ち込んでいるのかな・・・。」

と話していました。

 

 

不登校の子のゲーム

 

子どもが不登校になると問題となってくるのが「ゲーム時間」だと思います。

ゲーム中毒のこともあるので、親としては子どもが長い時間、ゲームに熱中していると心配になると思います。

 

 でも、注意、苦言をいう前に子どもの気持ちをよく考える必要があるのでは?とNicomamaは思います

 

 

不登校の子は、ゲームをやりたくてやっているのではない子が多いです。

学校のことを考えないようにするため、気を紛らわせるためにやっている子がほとんどです。

 

ゲーム以外のことで、気を紛らわせることができればその方がいいのかもしれませんが、不登校の子は外出するのを嫌がる、外出する元気のない子がほとんどです。

 

元気を出させる一番簡単な方法は、ゲームです。

 

 

Nicoも一時期ゲームだけをして過ごしている日々がありました。

その時は、弟Freeへの影響を考えて、ゲームを無制限でやりたいなら祖母の家に行くことをNicoに提案しました。「ゲームを好きにやりたいなら祖母の家でやって!」と追い出したわけではなく、Nicoが自分で選んだカタチになるように言い方にとても気を付けました。親から見捨てられたと感じても仕方がない状況なので、とても気を使いました。

 

提案を受け入れたNicoは、ひと月ほど祖母の家で寝泊まりして過ごし、元気になってNico家に帰ってきました。そんなNicoを受け入れる環境を用意してくれた母に感謝です。

 

 

 

今のNicoは、1日の中で1時間半の制限をもうけてゲームを楽しんでいます。

Nicoは、「ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス」をしています。

 

Nico 「図鑑を完成させよう、させたいと思っているけど、図鑑を完成させていったい何になるの?と考えてしまう・・・。前は純粋に図鑑を完成させることを楽しめたのに、今はそれが何のためになるの?と否定する自分がいて楽しめない。でも、完成させるけどね。」

と話していました。

 

 最近のNicoは、ゲームをしていても思うところがあるようで心から楽しめないようです。

これも一つの成長かな?と思って見守っていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

  

  ブログランキングに参加しています。 

 鳥さんをクリックお願いします (^o^)

 


にほんブログ