Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

脊柱側弯症の診察 Freeは破壊神 不登校 中2

 

 

こんにちは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ?」です。

 

今日は、半年に1回の側弯症(背骨が曲がる病気)の診察日でした。

Freeが3限で帰ってくることもあって、NicopapaとNicoの2人での受診です。

 

この病気の治療法は、装具をつけて進行をとめるしかないので、今のところ経過観察をしているところです。

 

👇側弯症の初診時の記事です。

www.nicohappylife.com

 

 

側弯症の診断を受けてから1年半が過ぎました。

その間にNicoの身長は、5、6cm伸びました。

側弯症は成長期に大きく湾曲すると言われています。

 

 

初診時に36度だったコブ角は、42度になっていました。

見た目にも影響が出てきていて、「姿勢が良くない子だな。」と人から思われるぐらいになっています。

Nico自身も背中の曲がりが気になってきているようです。

 

 

半年前の診察の時は「手術は絶対にしない。」と話していました。

今日の診察では、手術の切開する部位の確認、何センチ切開するのか、術後の痛みはどのくらい続くのか、手術をすると背中を曲げにくくなったり、不都合は出てくるのか、自分から質問をしていたそうです。

 

Nico 「まだすぐには手術はしないけど、手術についてゆっくりと考えてみる。思ってたよりは切開部位は小さかった。」

と家に帰ってきて話してくれました。

 

 

Nicoが納得するまでゆっくりと考えて、自分で決めてもらおうと思います。

Nicoの時間の流れは、Nicomamaと違ってかなりゆっくりなので、答えがでるまでには2、3年はかかるかな(^^)

 

 

Freeは、破壊神

 

Freeは、学校の先生から落ち着きがないと指摘されたことはありませんが、無意識にいろいろな物を壊します。

 

昨日持ち帰った赤白帽は、つばの部分がボロボロ。

この赤白帽は、2学期になって新調したばかりです。

前回のも破られました・・・。

 

 

👇 最近、破壊された物たち

f:id:nicohappylife:20201223134917j:plain

 

 

左下→トイレの壁紙もめくられています。

はじめは小さなめくれだったのが、どんどん大きくなってきています。

 

下の真ん中→水筒の底がぬけて生地をボンドではりつけました。

 

右下→クーピーのふたがちぎられむき出しになっています。

 

 

Freeの破壊行為は、次から次へです。

画像に載せたのは、2、3日の間での出来事です。

鉛筆、定規、下敷きは、真っ二つ。

筆箱のふたをひきちぎる、教科書の表紙、ノートの表紙をやぶる。

 

 

何度注意しても止まりません。

 

 

反省を促すために、物を壊すとFreeのお金から弁償をしてもらっていますが治る気配はありません。

Free 「僕はどうしてバカなんだろ。もう、無意識領域なんだよ。お金がどんどん減ってちゃうよ。」と話しています。

 

お金が減ることを嫌がるFreeは、「不格好でもいいから何とかなおして。」「ねぇねのおさがりはないの?」とお金を使わないで何とかしようとしています。

 

こんな状態ですが、先生から落ち着きがないとの指摘はされたことありません。

Nicomamaからみても破壊行為以外は問題を感じません。

何なんでしょうね・・・。

 

ちなみに家の中でも、テレビのリモコンの電池のふたを折ったり、スイッチのゴムをとって破ったりしています。

 

もう、やめてほしいです・・・。

 

 

 ブログランキング参加しています。 

 鳥さんをクリックお願いします (^o^)

 


にほんブログ