Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

不登校の子の卒業式 完全不登校 中2

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

今日は少しお疲れモードのNico。

おそらく月経周期による気分のムラだと思います。

 

気分のムラは、程度の差はありますが、女性なら誰でもありますよね。

Nicomamaもどうしようもなく虚しくなったり、イライラすることがあります。

女性は男性とは違い、生理の周期でホルモンが入れ変わるので不安定になってしまいます。

 

Nicoは中学2年生でまだまだ子どもに思えますが、女性です。

ホルモンバランスで落ち込むこともありますね。

 

 

不登校の子の卒業式

 

Nico家の住む地域は、来週に小学校の卒業式があります。

今の時期、卒業式をどうするかで悩んでいるご家庭も多いと思います。

親は子どものためを思って、最後だし、短時間だし、一生に一度の思い出だし、出席したほうがいいのでは?と考えると思います。

 

 

Nicoは、小学校の卒業式は欠席し、夕方、個別に校長室で卒業証書をいただきました。

 一人だけの卒業式です。

 

 

Nicoの場合は、卒業式をどうするか悩むことなく、早い段階で「出ない。」と本人が決めていました。

Nicomamaは、Nicoの意見を聞いた時「出ないんだぁ。」と少しショック、ガッカリしたことを覚えています。

でも、きっと出席すると言われても「出るのかぁ。」と憂鬱な気分、不安な気持ちになったと思います。

 

 

不登校の子、親にとっての卒業式は、どちらの選択をしてもすっきりはしないのだと思います。卒業式は子どものためのものなので、本人が決めるのが後悔も少なくていいのだと思います。

 

今のところ、Nico(中2)は、小学校の卒業式に出なかったことを後悔している様子を一度も見せたことはありません。 

 

 

卒業式は、大きなイベントのような気がしますが、不登校の子にとってはそんなに大事なイベントではないです。

 

子どもの意見を尊重する、心を守ることのほうが大事かも(^^♪ 

 

 

一人だけの卒業式

 

Nicoに関わりのあった先生方が校長室に集まってくださいました。

校長先生のほかに4人の先生です。

 

一人だけの卒業式、さみしい感じ、居心地の悪い感じになるのかな?と考えていましたが、温かい雰囲気の中、卒業証書をいただくことができました。

先生たちの笑顔、祝福を受けて、Nicoも嬉しそうでした。

 

一人だけの卒業式、Nicoも、Nicomamaも、良い思い出になっています。

 

 

 

 

 ブログランキングに参加しています。  

 鳥さんをクリックお願いします (^o^)

 


にほんブログ