Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

通信制高校の宿泊を伴うスクーリングはハードルが高い! 完全不登校 中3

 

おはようございます。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

昨日のNicoは、タケノコ掘りの疲れもとれたようで元気に過ごしていました。

午後からは、祖父の家に遊びに行ったり、夜は小説を書いたりしていました。

 

子どもが元気って幸せですね。

周りも明るくなります。

 

 

 

 通信制高校の宿泊を伴うスクーリングはハードルが高い!

 

Nicoは、中学3年生になりました。

まだ、4月なので進学について考えるのは早い気もしますが、Nicoは心の調子が悪いときは考えることも難しくなるので今から少しずつ進めていこうと思ってます。

 

資料をみて考えたり、わからないことろを問い合わせたり、見学に行ったり。

 

 

スクーリングって知っていますか?

 

 

 

 

Nicomamaの周りには通信制高校に通う人がいなかったので、スクーリングは聞きなれない言葉でした。

 

 

「スクーリング」は、学校で授業を受けることだそうです。

つまり、登校して実際に授業を受けることです。

学校教育法が定めた高校を卒業するための条件を満たすためのものなので、参加しなければ卒業できません。

 

 

 

👇とても詳しく書かれています。

zba.jp

 

 

 

上の記事を読むと、通信制高校によってスクーリングの形態は異なるそうです。

 

Nicoは、不安が強く、神経質、そして何より集団活動が苦手なため、宿泊を伴うスクーリングは難しいと考えています。

 

Nico 「宿泊のスクーリングは・・・行ける自信がない。レポートとか頑張って出しても合宿に行けなかったら無駄になるんでしょ?危険じゃない?」

と話しています。

 

不登校になる子の多くは、Nicoのように不安が強く、集団が苦手な子が多いと思います。高校を卒業することを一番の目標にかかげるならば、その辺も考えて通信高校を選ぶのがいいかもしれません。

 

 

宿泊を伴わないスクーリング

 

Nico家があるところはかなりの田舎です。

なので、通学にかかる時間が30分(電車)で行ける通信制高校は数えるほどしかありません。しかも、どれもサポート校にあたるのか?本校へいって合宿形式のスクーリングです。

 

まだ、3件しか問い合わせをしていないのですが、宿泊しないですむ学校をひとつ見つけました。

鹿島朝日高等学校の通信制課程 KG学園です。

 

以前いただいた資料には、学校の年間情事に林間学校、ディズニーランドへの遠足など載っていたので宿泊形式なのかしら?と思っていましたが、それはスクーリングとしてではなく自由参加のイベントだそうです。

 

スクーリングは、基本学校で行うのだそうです。

 

KG学園は、ほかの通信制高校と異なり料金がかなり安いです。

安いということそれなりの理由があると思います。

サポート、付加価値が少ないのもしれません。

 

Nicoは、学びたいことは自分で選び取り、調べる力があります。

人から教えられたり、提供されることを嫌います。

なので、付加価値はあまり要らないかもしれません。

 

現在、中学3年生に向けた説明会、見学会は夏以降とのことだったので、また秋口に問い合わせをしてみようと思います。

 

 

 選択肢がひとつ見つかっただけでもホッとしますね。

 

 

 ブログランキングに参加しています。  

 鳥さんをクリックお願いします (^o^)

 


にほんブログ