Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

不登校Nicoのおかげで子育てが変わった。  完全不登校 中3

 

こんにちは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」です。

 

今のNicoは、朝?は13時ごろに起きてきて、夜?はAM4時ごろに寝ています。

元気のあるNicoは、「夜に一人で起きていてもやることがあんまりなくて暇なんだよね。」と話しています。

 

元気のないときはゴロゴロとしていても本人は暇と感じていないようです。

暇って感じるって元気な証拠なんですね。

 

 

不登校Nicoのおかげで子育てが変わった。 

 

Nicoが不登校になる前のNicomamaは、今思うと「過干渉」だったのだと思います。

子供が失敗する前に止めて失敗する経験を奪っていました。

 

よくたとえで言われるのが、水たまりに入りたがる子どもの好奇心を止める行為ですね。水たまりに入ることで濡れたらどうなるのか?自分で経験し、入らなくなる過程を踏ませない親の行為、これも過干渉の一つです。

 

今のNicomamaは、まだまだ過干渉な部分は残っていますが、自分を抑え見守る姿勢を取ろうとしています。

Nicoの不登校のおかげで、Freeはきっと過ごしやすい日々を送れていることと思います。

 

 

Freeは焦げパン

 

 

夏休みにはいってからFreeは一日中外遊びをしています。

朝は、9時に公園へ行き、お昼を食べに30分ほど 帰ってきて、また公園へ

そのおかげで、肌の色は真っ黒を通り越して焦げています。

 

今日も朝から公園です。

11時現在の気温は、35度。

体感は37度です。

日差しが痛いぐらいです。

 

それなのに 

Free 「ママ、今日はお昼ご飯を公園で食べたいよ。友達とコンビニで買って食べてもいい?」

と言い出しました。

 

 

友達とコンビニで買い物も気になるし、熱中症も心配だし、お金もかかるし、気になることだらでです。

 

でも、これも経験のひとつと思って了承しました。

 

コンビニで大騒ぎしないこと、万引きしないこと

気持ち悪くなってきたら、電話をするかすぐに帰ること

アクエリアス(カロリーゼロ)をこまめに飲むこと

 

 

Freeは、一日中公園で過ごすために必要なものを自分で考え、大荷物で出かけました。

汗をかいたときの着替えを2セットもって出かけました。

準備も楽しそうにしていました。

 

 

注意点の口出しはしましたが、Freeの楽しい気持ちを妨害するような言葉を発しなくてすんだのはNicoが不登校になったおかげだと思います。

 

 

Freeは、Nicoのおかげでのびのびと過ごせているのだと思います。

不登校の恩恵を一番受けているのはFreeですね。

 

 

 👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ