Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

新しい出会い   完全不登校 中3

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」です。

 

今日のNicoは、Nicopapaの実家へ顔を出していました。

祖父が畑仕事をしている側で猫を触って遊んでいたようです。

とっても楽しかったと元気に帰ってきました。

  

 

新しい出会い 

 

今日は祖父の家で新しい出会いがあったそうです。

しかもNicoと同じ不登校で、中学一年生の女の子。

Nicoが祖父の庭で遊んでいると、女の子が「こんにちは。」と来たそうです。

 

祖父の家のそばの子で、その子の父親と祖父が物々交換(魚と野菜)をしている仲だそうです(^^♪

 

祖父の仲介のもと30分ほどNicoとその子で猫を触って遊んだみたいです。

 

Nico 「久しぶりに同じくらいの子と話した。楽しかった。まだ、不登校ということを気にしているようだから、傷つけないように少し距離をとりながら話をした。本当はもっと話したかったなぁ。」

Nico「私、知らず知らずのうちに傷つけなかったかな?少し心配。」

 

Nicoはとっても楽しかったそうです。

その子が嫌でなければ、たまにお話をする相手になってくれるといいなと思います。

 

 

少しがっかりした話

 

新しい不登校のお友達の話ですが、その子が不登校になった原因は母親だそうです。

とっても教育熱心な親で子どもを束縛しコントロールしようとしていたと聞きました。

 

この話はNicoが祖父から聞いた話です。

 

Nicomamaは、不登校に理解のあるお義父さんがそんな風に考えるなんてがっかり?悲しくなりました。

 

Nicomamaは、その子のお母さんはただ一生懸命に子育てをしていただけだと思います。私だってその子の親と何も変わりがないと思います。

 

 

よそから見れば子どもが不登校になっている=親に問題、家庭に問題があるとみなされると思い知りました。

 

気にしていても仕方がない、損だと思うので、Nicomamaは気にしないでいこうと思っています。

 

 

 👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ