Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

 Nico「どうして認めてくれないの?」   完全不登校 中3

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」です。

 

最近のNicoは、昼夜逆転をしていて午後の14時から22時ごろまで寝ています。

心の調子はいいようで夜中も一人で楽しく絵を描いて起きています。

 

Nico 「やりたいこと(小説を書いたり、本を読んだり)っていっぱいあるけど、一つのことをやり始めると他のことまで手が回らない。時間が増えても結局一つのことをしてしまうからできないし・・・。」

と話しています。

 

最近のNicoは、絵を描いて一日を過ごしています。

 

 

Nico「どうして認めてくれないの」

 

 

最近のNicoは、ほぼ一日中絵を描いています。

学校へ行っていないし、勉強もしていないので、本当に一日中です。

毎朝、出来上がった作品を嬉しそうにNicomamaに見せてくれます。

 

 

絵を見たNicomamaは、「上手にかけてるね。すごいね。」と毎日褒めていました。

でも、NicoはNicomamaの褒め方?対応?が気になっていたようです。

 

 

Nico 「ママはどうして私を認めてくれないの?絵を本気で描いているんだよ。小説を書いてる時はもっと褒めてくれた。もっと応援してくれてたでしょ?なんで絵はダメなの?応援してくれないの?」

と興奮して話だし、泣き崩れてしまいました。

 

 

Nicomamaは、小説を書いているNicoと絵を描いているNicoを比べたことはありません。でも、Nicoはそんな風に感じ取っていたようです。

 

Nicoに言われてみてよく考えると、確かに小説を書いているNicoのほうがすごいと思っていたような気もします。

 

 

敏感な子は少しのことでも感じ取ってしまうのですね。

 

 

 

ペンタブを購入しました。

 

 

Nicoに泣かれたのがきっかけになり「ペンタブレット」を購入しました。

 

 

Nicoはずいぶん前からペンタブを買うのを迷っていました。

普通のタブレットと見た目は同じような感じですが、絵を描くことに特化していてYouTubeを観たりといったことはできないものだと思います。

なので、つぶしが利かないし、本当に必要なのか?迷っていました。

 

Nicomamaにもペンタブが必要なのかよくわからなかったし、普通のタブレットでもいいような気もしたし、さらに高額なので口出しをせずによく言えば見守って(放置?)いました。

おそらくそれがNicoには冷たく、応援していないように思えた一つだと思います。

もっと真剣に一緒に考えてほしかったのだと思います。

 

 

Nicoに泣かれたことをきっかけにNicomamaもNicopapaも重い腰をあげペンタブについて真剣に調べてみました。

はじめはペンタブなんているの?と考えていたのに、Nicoの気持ちになって調べれば調べるほど不思議なことに必要なものに思えてきて、全額ではありませんが半分ほどお金を応援してあげることに決めました。

 

 

↓ Nicoが買ったWacomの液タブです。

 


 

 

 

 

 

まだ、商品は手元に届いていませんが、高い買い物でした。

 

 

Nicoは中学3年生。

学校へ通っていれば修学旅行もありお金がたくさんかかったと思います。

修学旅行代だと思えば手元に物も残るし安い買い物かもしれませんね。

 

 

 

楽天セール中ですね。

 

 

何か買われましたか?

 

Nicomamaは、ダイエットのおとも、健康のためにいつもの「おからクッキー」と「カロリー50%オフの麦芽豆乳コーヒー」を買いました。

まとめ買いをすることになりますが、スーパーで豆乳を買うのとほぼ同じ値段で自宅に配達までしてくれます。

 

 

あと、買うのを迷っているのが「ヨーグルトメーカー」です。

ヨーグルトが10倍に増えるし、牛乳パックそのままで作れるそうです。

すごい商品がありますね。

 

 

 


 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ