Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

通信制高校の見学に行ってきました。    完全不登校 中3

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校ですが、今では中学3年生になっています。現在も不登校中

Free:小学5年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

こんにちは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」です。

 

ここ最近のNicoは、日中が活動時間になっていて、朝は10時に起き、夜は1時ごろに眠る周期で動いています。

Nicomamaは昼夜逆転生活を問題とは考えていませんが、それでもやっぱりNicoが日中に起きている、活動してくれていると嬉しいものですね。

 

 

 

通信制高校の見学に行ってきました。

 

今日は午後の13時から通信制高校の見学に行ってきました。

 

予約をしたとき受付の方から子供と一緒に来るよう指示がありました。もちろん、Nicoの進路ですし一緒に参加したい気持ちはありますが、その日の心の調子によっては参加が難しいのが現状です。

通信制高校ならばその辺ことも考慮をしてほしいなというのが正直な気持ちです。予約の取り直しの提案、親だけで見学もOKなど臨機応変に対応していただけると有難いです。

 

今日のNicoは、朝から元気だったので無事に見学へ行くことが出来ました。

それでも家をでる10分前には「あー、行きたくない。」「どうしよう?」と何度も話していました。

 

 

見学をした感想

 

NicomamaもNicoも正直ガッカリでした。

 

通信制高校に学校を求めてはいけないのかもしれませんが、卒業の資格をもらえるただの場所でした。

 

汚いビルの一角の一部屋。

横長の机が並んだだけの空間。

その場所で何をするかというとタブレットを使って個々に勉強をするだけだそうです。

決められた日、時間に行き、1日90分間個別でタブレット学習。

1日90分と決められているため、休み時間、食事の時間もありません。

アットホームな感じは微塵もありません。

 

 

Nicoは高校の卒業資格をとることを目的としていたのでニーズは合っているのかもしれませんが、高校生活と考えるとあまりに寂しい、そんな空間でした。

 

 

Nico 「なんか違う。学校じゃない。お金を回収する目的のためだけに存在する場所みたい。」

と話していました。

 

家から通える通信制高校の中で、宿泊を伴うスクーリングがない学校はここだけだったので見学をしましたが、ほかの高校の見学もしたほうがよさそうです。

 

高校の卒業資格はあったほうがいいとは思いますが、卒業資格だけをもらっても意味がない気もします。

 

Nicoの気持ちが落ち着いたらまた一緒にほかの見学を考えてみたいと思います。

 

 

 👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ