Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

脊柱側弯症の経過  完全不登校 中3

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校ですが、今では中学3年生になっています。現在も不登校中

Free:小学5年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」です。

 

昨日のNicoは少し元気がない様子で一日を過ごしていましたが、今日は元気です。

誰だってたまに元気がないときもありますよね。

 

 

脊柱側弯症の経過

 

Nicoは、中学1年生の身体検査で脊柱側弯症を指摘され、大学病院で半年に一回検査をうけています。

レントゲンを撮り、背骨の曲がりが進行していっていないかを医師に確認してもらっています。

 

背が伸びる成長期に大きく背骨が湾曲するようで、中学1年生のころは大きく湾曲をしていきましたが、ここ1年は変わっていません。

 

背骨の湾曲を示すコブ角は、42度で、半年前に測定したときと1度しか変わらず誤差範囲で進行はしていないそうです。

 

 

⇩ 半年前の記事です。

www.nicohappylife.com

 

 

 

医師からは、経過も悪くないためこのまま半年に一回の検査で様子をみていきましょうとのお話でした。

 

Nicoは、ほっとした様子でした。

Nicomamaもほっとしました。

 

子どもが不登校になると、学校で行われる健康診断を受けることが難しいと思います。

Nicoもそうでした。

とっても嫌がる?怖がる?ため、受けにいけないこともありました。

でも、健康診断は病気を早期に発見してもらえる大事な機会です。

多少無理矢理になっても検査は受けさせたほうがいいのかもしれません。

 

 

 👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ