Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

Nico 「人と繋がるって大事なんだね。」 完全不登校 中3

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校ですが、今では中学3年生になっています。現在も不登校中

Free:小学5年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」です。

 

今日はNicomamaの誕生日

Nicoは朝起きてくるなり「お誕生日おめでとう。」と声をかけてくれました。

子どもからの「おめでとう。」嬉しいものですね。

 

 

Nico「人と繋がるって大事なんだね。」

 

Nicoは、一人で外出することは稀です。

今は寒いこともあって祖父の家ぐらいしか出かけません。

それが、Nicomamaの誕生日をお祝いするために一人でコンビニにスイーツを買いに行ってくれました。

しかもお小遣いで買ってくるだけでなく、リーフで美味しい紅茶も入れてくれました。

幸せですね(^^♪

 

紅茶を飲みながらNicoが「人と繋がるって大事なんだね。」としみじみと話し始めました。

 

Nicoが一人で物を買えるようになったのは、3か月だけ通った中学校のおかげです。

私立だったからか、購買が充実していてNicoは購買で文房具を買ったり、お昼にお弁当を買ったり、パンを買ったりして楽しんでいました。

コンビニで一人で買い物をしていて、ふと中学校のことを思い出したそうです。

 

 

Nicoは、つい最近まで高校へ進学しないつもりでいました。

それがネットで出来たお友だちからN高校の話を聞き、N高校に興味を持つようになり進学を考え始めました。

Nico「○○さんがいなかったら私高校へは行かなかったよ。」

と話しています。

 

Nicoは、経験を通して人と繋がる、関わることの大切さに気が付いたそうです。

Nicomamaは、人とかかわることを苦手としてきた、人にあまり興味を持たないNicoが自分でそう感じたことがとっても嬉しいです。

 

 

 👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ