Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

Nico締め切りに追われる   通信高校1年生

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

こんにちは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」です。

 

 

 

Nico締め切りに追われる

 

Nicoは、小説を書いています。

お陰様で3月末に1巻が書店に並び、今は2巻の執筆中

編集者さんから言われている締め切りが7月25日

今日でした。

 

 

締め切り1週間前のNicoは、書かなきゃ、書かなきゃと言いつつ、やる気がでないようで、結局ゴロゴロしていました。

お尻に火が付いたのは、3日前。

1日1万文字書かないと間に合わない計算になってしまいました。

 

 締め切り日である今朝の6時に、Nicoの部屋をのぞくとNicoが何故か硬いフローリングの床で寝ています。

 

床で寝ると体が痛いだろうし、エアコンの冷気で冷えるので声をかけると、Nico「あっ、寝すぎた。疲れたから仮眠をしてたの。布団で寝るとぐっすり寝ちゃうから床で寝た。」と飛び起きました。

 

そしてすぐさま机に向かい執筆活動を開始しました。

 

 

どうやらNicoは、締め切りに間に合わせようと徹夜をしていたようです。

徹夜で頑張った甲斐あって、午後3時にどうにか書き上げ提出することが出来ました。

 

 

Nico 「私、初めて本格的な徹夜をした。」

と目をキラキラさせて話していました。

 

 

Nicomamaは、締め切りに間に合わない、Nicoは諦めてしまうと思っていました。

不登校の親をするうちにNicomamaに諦め癖がついてしまっていたようです。

もう少しNicoのことを信じた方がいいのかもしれませんね。

 

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ