Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

Nico「青春したかった・・・。 」通信高校1年生           

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

今日のNicoは、朝からGEOに一緒に行き、DVDと漫画を選んでレンタルしました。

今、読んでいる漫画は「幽遊白書」

古い漫画ですが、NicoもFreeも「なんでこんなに面白いの?」と話し、読んだ後はテンションが上がっています。

ドラゴンボール、NARUTO、ワンピースを読んだ時よりも、楽しそうにしています。

 

不登校の子に「幽遊白書」お勧めです。

 

 

Nico「青春したかった・・・。」

 

Nicoは、小学3年生からずっと不登校

今は、高校1年生ですが通信制高校なので家にこもっています。

 

Nico 「学校には行きたくないけど、青春したかった・・・。」

と話しています。

 

青春に強い憧れがあるようです。

 

これから青春をしたいと思えばいつでも出来ますが、家にこもっているNicoには難しいかもしれません。

青春って素敵な言葉ですよね。

Nicoが憧れるのもわかります。

 

Nicoと話しながら、Nicomamaに果たして青春と呼べるようなものがあったのか?自信がないことに気が付きました。

実際、青春ってそんなものなんでしょうね。

 

ちなみにNicopapaにこの話をしたら、「青春なんていつでもやりたければ出来るよ。僕は今も青春してるよ。」ですって(^^♪

確かにNicopapaは毎日遊ぶことばかり考えていて楽しそうです。

 

 

 

Nico「少年の心を忘れたくない。」

 

中学1年生ぐらいまでのNicoは、クリスマスを心待ちにしていました。

11月になるとツリーはまだ出さないのか?と何度も催促をしてきていました。

ツリーの飾りつけ、部屋の飾りつけも率先して行い、ワクワクしていました。

 

それが、今ではクリスマスはワクワクしないそうです。

 

 

Nico「私、クリスマスが前みたいに楽しめない。ワクワクしないの。こうやって大人になっていってしまうんだね。いつか少年の心もなくなっていってしまうのかも・・・。そうしたら、もう小説を書けなくなっちゃうね。少年の心を忘れたくない。」

 

 

Nicoは自分の気持ちを言葉で伝える、文字で伝えること得意としていますが、苦手な子もあれこれたくさん考えているのでしょうね。

 

 

 

Freeは少しお馬鹿さん

 

丁寧語を勉強していたFree

 

Free「ごぼうって丁寧語?」

ですって(^^♪

 

少しお馬鹿なFreeはとっても可愛いです。

 

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ