Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

声をかけてもらうことで動き出せる 通信高校1年       

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」

 

今日は「スプラトゥーン3」の発売日

Freeに頼まれて電気屋さんにソフトを買いに行ってきました。

みなさまは、買われましたか?

 

 

声をかけてもらうことで動き出せる

 

今日のNicoは、11時から不登校の子の居場所に行きました。

7月から開設されたこの居場所に行くのは3回目

今のところ、月一回のペース

 

引きこもりがちなNicoが、外に出て人と繋がれる貴重な場所となっています。

週に1回程度、外と繋がってくれるとNicomamaは嬉しい?安心?しますが、それはNicoが決めること。

見守っていきたいと思います。

 

 

今日は、イベントの日。

数日前に指導員さんから連絡をいただいて「お茶会」に参加してきました。

イベントがある時に声をかけていただいています。

Nico家にとって、この声掛けがとっても有難い。

それがきっかけとなり、Nicoは動き出せている感じです。

 

お断りすることも多々あるため、指導員さんからすると声掛けは無駄に感じることもあるかもしれませんが、Nico家の場合はとっても意味のあることです。

次回、イベントの案内を頂いたときにつながり続けていくためにも感謝の気持ちを伝えようと思います。

 

お茶会への参加はお茶菓子の用意もあるため事前予約制でした。

予約制だとハードルは上がりますが、無事に参加できました。

今日は、Nicomamaは仕事だったため、Nicopapaの送迎。

Nicopapaは営業職のため時間の都合が付きやすく、お願いしました。

 

Nicopapa「行く前は緊張していたのか口数が少なかったし、送ってあげてもお礼も言わずに行ったよ。お礼ぐらい言ってもいいよね・・・。」

とブツブツと文句を言っていました。

 

 

お茶会の様子ですが、

お茶の先生にお抹茶の点て方の見本をみせていただき、自分の分を点てたそうです。

お茶菓子は、お饅頭。

お抹茶もお饅頭も美味しかったそうです。

Nicoは、祖父の家でもよくお抹茶を頂いているので、一連の流れもお手の物。

お茶の先生に「所作が美しい。」と褒められたそうです。

 

 

活動への参加は楽しかったそうですが、少し疲れた様子。

少人数でも多少は人のペースに合わせることになるため、家にいるよりは疲れると思います。

 

Nicoが家にいることが日常となっていますが、子どもが外に出てくれるとやっぱり嬉しいものですね。

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ