Nico 心の天気 不登校から通信制高校へ

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

心のクリニックの診察  通信高校1年       

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」

 

最近のNicoの睡眠時間は、お昼の12時~20時の8時間睡眠です。

変な時間に寝ていますが、起きている時間を元気に過ごすことが出来ているならNicomamaは特に問題とは思っていません。

でも、出かける用事があるときは、困ったことになることもあります・・・。

 

 

9月27日 心のクリニックの診察

 

9時に診察の予約が入っていました。

Nicoは待つのが嫌い、というか苦手。

なので、予約は一番をお願いすることが多いです。

今日は、Nicoが起きている時間だったので一緒に病院へ~

 

心の先生からは、ここひと月の間のNicoの心の様子、眠れているか、食欲はあるかの確認がありました。

Nicoは、とても元気、睡眠、食欲ともに問題がなく過ごせました。

前回、炭酸リチウムを一日30mgから40mgへ増量したのが良かったのか、たまたまなのかはわかりません。

 

 

Nicoの医療費は、中学卒業までは助成を受けられ無料

高校になったNicoは、3割負担です。

病院と薬局を合わせると、月に4千円ほどかかっています。

医療費が高いって思っていたところに先生から「自立支援制度」の提案がありました。

 

自立支援医療制度ってご存じですか?

Nicoのように通院による精神医療を継続的に必要な人が対象となる制度

病院、薬局での負担が1割になります。

 

Nicoは、この制度を利用してみることにします。

申請には医師の診断書が必要なため、今日、書類の作成をお願いしてきました。

診断書が出来たらお電話くださるそうで、その書類をもって市役所で手続きを進めるそうです。

 

1割負担は助かりますね。

 

 

 

ドーピングしてるみたいで・・・。

 

Nicoは、うつ病(ジェイゾロフト)の薬を飲んでいます。

この薬は、セロトニンの働きを高めます。

 

セロトニンは、幸せホルモンとも呼ばれ、心を安定化させる作用があります。

 

その作用を知っているNico

Nico 「私が小説を書けるのって薬のおかげ?なんだか自分の力じゃない気がする。ドーピングしてる、ズルしてるみたいでちょっと気になる・・・。」

と笑いながらですが話していました。

 

たとえドーピングだったとしても、もともと持っている力を最大限に発揮しているだけだからいいんじゃないでしょうか。

Nicomamaは、気にする必要はないと思います。

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ