Nico 心の天気 不登校から通信制高校へ

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

スクーリング 最終日   通信高校1年       

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

こんにちは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」

 

 

昨日は、スクーリング3日目、最終日。

 

ホテルの部屋を出る1時間ほど前のNicoは、「怖いよ。」と3回ほど口にしていましたが、出発時間になるとスムーズに行くことが出来ました。

2日目が楽しく過ごせたので、不安な気持ちに打ち勝てたのだと思います。

 

会場までは歩いて5分程度の場所に宿泊したのも、成功のポイントだったと思います。

憂鬱なことの前に電車に乗っての移動では、士気も下がりますものね。

 

 

スクーリング 最終日

 

朝10時から17時半までの7限授業

科目は、科学と人間生活2コマ、数学、歴史、国語、情報、公共

びっしりと授業がありました。

 

N高の先生は、Nicoから聞いた話では授業が面白いそうです。

さすが私立

良い先生を採用しているようです。

 

 

小学生のころのNicoは、とっても真面目

授業中に寝たり、他所事をしたり考えられませんでした。

 

不登校になってからのNicoは、適度に手を抜くことを覚えたようです。

スクーリングでは、授業中に隠れて絵を描いたり、小説を読んだり、チョコレートをこっそり食べたりとかなり好き放題していたそうです。

一般的には褒められたことではないのかもしれませんが、Nicomamaは思いっきり褒めました。

 

スクーリングに行く前は、すべての授業に出席できるなんて想像していませんでした。半分出席出来たらと願っていました。

まさかです。

 

Nico 「私、やっぱり強くなってる。スクーリングが終わったら2カ月ぐらい調子が悪くなって寝込むと思ってたけど、今日も元気。」

と爽やかな顔で話しています。

 

 

無事に終わって良かった。

 

 

スクーリング中のFree

 

NicoとNicomamaがいない間(3泊4日)のFreeのお世話は、Nicopapaに任せていました。

 

Freeはとっても早起き

毎朝、5時半に起きます。

Freeに合わせて早起きをとまでは望んでいませんでしたが、少しはNicopapaに早く起きて欲しかったというのが本音。

 

Freeの話では、毎朝テーブルの上にコンビニで買ったパンが並べられており、一人で食べていたそうです。

学校へ行く日の朝のNicopapaは、Freeが学校へ行く15分前に慌てて起きてきて体温表を書き、水筒の準備をしていたそうで・・・。

とっても一人の時間が長かったみたい。

 

 

Free「パパは1回も掃除機をかけてなかったよ。」

「僕が公園に遊びに行っている間にパパは出かけてて、家に帰ったら鍵がしまってて締め出された。心配で携帯を持って遊びに出かけたからよかったけど。」

 

いろいろ不満があったようす。

 

 

予想はしていたけど、Nicopapaは、一度も自炊をていませんでした。

目玉焼きぐらい焼くのかしら?と思っていたけど、それすらしなかったようです。

洗濯だけは頑張ってしてくれていたので良しとします。

 

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ